So-net無料ブログ作成
20.長野県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1687.髙島城 生貯蔵酒 180ml [20.長野県の酒]

10048.JPG
醸造元
伊東酒造株式会社
長野県諏訪市諏訪2-3-6
発売元 ㈱信濃屋酒店

アルコール分:14度以上15.0度未満
原材料名:米・米麹・醸造アルコール
容量 180ml
(以上、ラベルより転記)
(米の産地情報はホームページへ)




上諏訪の街中に蔵を構える伊東酒造さんのお酒は、かつて横笛 本醸造 カップと、横笛 純米酒 カップ、そして普通酒の横笛カップとをいただいております。

今日いただくこのお酒は、生貯蔵酒の普通酒でした。
10049.JPG
10050.JPG

高島城ってのは、諏訪湖のほとりにあるお城のことでしょうね。
江戸時代には諏訪藩の政庁として使用され、明治まで続いたのだとか。
10051.JPG

ところで、米の産地表示って、こういうやり方もありなのでしょうか?
米の産地表示は「その包装又は容器への表示その他の方法により、当該指定米穀等の産地を、当該一般消費者に伝達しなければならない。」(※1)と定められておりますが、一覧できないこの方法は上記の規定をじゅうそくすることが果たして可能なのでしょうか?
10052.JPG


普通酒ですが生貯蔵酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
10053.JPG


上立ち香はないですね。
一口含むとフレッシュな風味をほんのりと感じます。

うまみはやや濃いめでしょうか?
米のうまみがじんわりと効いていて、幅を少し感じます。
苦みがあって、弱めですが鋭さを感じます。
熟成感はあるものの弱めで、かすかに感じる程度です。
キレはよいですね。

酸味はややひかえめでしょうか。
すっぱさは弱めで鋭くもないものの、酸味自体に深みをちょっとだけ感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みはややはっきりしています。
べとつかないものの、厚みを少し感じます。


やや濃醇でやや爽快のちょい苦旨やや甘口のおいしいお酒でした。
フレッシュさが程よくてしつこさがありませんでした。
14度台でしたが、うまみがしっかりしていて飲み応えを感じました。
また苦みが引き締め、酸味が深みを、そして甘みがコクを添えておりました。

なかなかうまいんじゃないの。
食事と合う、おいしい生貯蔵酒でした。



(※1)米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律(平成21年4月24日法律第26号)8条1項
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1685.水尾 辛口 カップ [20.長野県の酒]

10038.JPG10039.JPG
株式会社田中屋酒造店
長野県飯山市大字飯山2227

アルコール分15%
内容量 180ml
原材料名 米、米麹、醸造アルコール
(以上、ラベルより転記)
(原料米の産地情報はWEBへ)




今日は、“辛口”と銘打たれた飯山の水尾(みずお)をいただきます。
10041.JPG

ラベルにこれだけ詳しく表示されているのですから、今日は文献の引用は無用でしょう。
オマエ猫のことには熱心なのに酒のほうは手抜きかよ。
10040.JPG
10042.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し茶色がかっておりましたが、透き通った感じがありました。
10043.JPG


うまみはやや濃いめです。
熟成感が最初に来てやや枯れた感じがするものの、角がなくて穏やかです。
米のうまみもしっかりあって、少し厚みを感じるほどです。
それでいて苦みや雑味を感じません。
さらにキレがよく、透明感をかすかに感じます。

酸味はややひかえめでしょうか。
すっぱさは弱めで鋭さもそれほど感じませんが、金気のようなものをちょっとだけ感じます。
スースー感は少しはっきりしています。
ピリピリ感はありません。

甘みはひかえめでしょう。
でもゼロではなくて、弱めなりに幅を感じます。


やや濃醇でちょい枯ちょいスー旨辛口のおいしいお酒でした。
熟成感がはっきりしているのに、角がなくて穏やかでした。
それと共に米のうまみを感じたことから、飲み応えがありました。
しかもキレがよく、後味がスッキリしておりました。

アル添多めかなと思いますが、それでも味のバランスがよくておいしくいただけました。
nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1684.志賀泉 カップ [20.長野県の酒]

10035.JPG
志賀泉酒造株式会社
長野県中野市東山3-1

180ml詰
アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)醸造アルコール
(以上、ラベルより転記)




志賀泉酒造さんのお酒は、これまでに普通酒の志賀泉 180mlをいただいております。
今日いただくこのお酒も普通酒ですから、おそらく同じ中身でしょう。
10036.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は志賀泉 180mlと同じく、かすかに茶色がかっておりました。
10037.JPG


酒臭い(ほめ言葉です)じんわりで熟成感かすか。
すっぱさは少しはっきり、かつちょいスーでキレがよい。
甘みはややはっきり。


やや濃醇でちょいすっぱちょいスー旨やや甘口のおいしいお酒でした。
志賀泉 180mlとおそらく同じ中身でしょうよ。
でもね、なんとなくではありますが、こっちのほうがちょいスーのような気がいたしましたとさ。
nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1683.褒紋 天領誉 寒造り カップ [20.長野県の酒]

10030.JPG
天領誉酒造株式会社
長野県中野市岩船190

アルコール分/14度
原材料名/米(国産)・米こうじ(国産米)醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




統制撤廃後の昭和30年、北信地域の酒造業者七社が企業合理化をめざして統一、天領誉酒造が誕生した。蔵の前身は明治13年の中村屋で、「旭鶴」という銘柄の酒を造っていた。」(※1)という、企業合同によって設立された天領誉酒造さん。
代表銘柄でもある『天領誉』の名は、江戸時代、中野市が幕府直轄の御天領で中野代官所が置かれていたことに由来する。」(※2)のだとか。

それにしても、“褒紋(ほうもん)”という小印は珍しいですね。
10031.JPG10032.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
10033.JPG

お酒の色はかすかに茶色がかっていて、透き通っておりました。
10034.JPG


うまみは淡めです。
最初に熟成感が来ますね。
枯れていて角を少し感じるものの、弱めでしつこさがありません。
米のうまみはかなり弱めですが、その存在はわかります。
苦みはかすかです。
キレはとてもよく、透明感をバッチリ感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感ははっきりしています。
ピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはなく、厚みもないものの、じんわりとわかります。


淡麗枯ちょいスーやや甘口のお酒でした。
淡めで透明感がバッチリだったことから、アル添多めの加水多めではないかと推察いたします。
熟成感が目立って枯れておりましたが、しつこさがないのは薄まっているためでしょうか?
それでも、米のうまみを一応感じたことから、この手のお酒にありがちなペラペラやスカスカな味ではありませんでした。

食事にはよく合いましたよ。
それに好みの分かれるところでしょうけれど、アル添のスースー感は私の好むところでございました。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.46(2008.5 信濃毎日新聞社)
(※2)『ようこそ日本酒の國へ』p.012(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1676.志賀泉 180ml [20.長野県の酒]

9881.JPG9882.JPG
志賀泉酒造株式会社
長野県中野市東山3-1
正180ml詰
(瓶の印刷事項より転記)

原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15度
(キャップの側面より転記)




志賀泉酒造は昭和38年、中野市にあった五つの蔵が統合して生まれた。当時は全国でも特殊といわれた清酒共同壜詰め場を作った。」(※1)という志賀泉酒造さん。
9883.JPG

企業統合で発足した蔵元さんについては、簡単にではありますがかつてこちらで触れておりますので、適宜ご参照ください。
オマエ最近あまり掘り下げなくなったな。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっておりました。
9884.JPG


燗をつけると、酒臭い(ほめ言葉です)香りがフワッと漂ってまいりましたよ。

うまみはやや濃いめでしょうか。
最初に酒臭い(あくまでもほめ言葉です)うまみがじんわりと来ます。
熟成感もかすかにありますが、その存在はよくわかります。
米のうまみはそれほどはっきりしてはいないみたいです。
苦みがかすかにあるみたいです。
キレはよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを感じます。
スースー感も少しありますね。
また、かすかにピリッと感じます。

甘みはややはっきりしています。
幅のある甘みがあって、嫌味なく効いているようです。


飲み応えがあるのにキレのよい、やや濃醇でちょいすっぱ旨やや甘口のおいしいお酒でした。
私の好きな酒臭い(くどいようですが、ほめ言葉です)風味が豊かで、それに酸味やかすかな苦みなどが相俟って飲み応えを感じました。
それでいてキレがよく、しつこさをまったく感じませんでした。
甘みも嫌味なく、コクを添えておりました。

これ、なかなかうまいんじゃないの!
こういう味、あたしゃ好きだわ。


(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.48(2008.5 信濃毎日新聞社)
nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1675.髙天 180ml [20.長野県の酒]

9877.JPG9878.JPG
髙天酒造株式会社
長野県岡谷市銀座2-2-17

原材料名 米(国産) 米こうじ(国産米) 醸造アルコール
アルコール分15度
内容量 180ml
(以上、瓶の印刷事項より転記)




このところ冷酒が続いておりましたせいか、そろそろ燗酒を飲みたくなってまいりました。
そこで今日は、茅野で仕入れたこのお酒を選びました。

髙天酒造さんのお酒は、かなり前に普通酒の髙天カップをいただいております。
今日いただくこのお酒も普通酒でしょうから、おそらく中身は同じであろうと思われます。
9879.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
9880.JPG


燗をつけると、お酒の甘い香りがフワッと漂ってまいりました。

うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
やわらかいうまみをふんわりと感じます。
軽い苦みをかすかに感じますが、穏やかです。
キレはよく、透明感を少し感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めですが、弱めなりに鋭さを感じます。
それにちょいスーで、かつちょいピリです。

甘みはややはっきりでしょうか。
けっしてべとつかない、かなりさらっとした甘みを感じます。


淡麗ちょいスーちょいピリ旨やや甘口のお酒でした。
きれいな味わいをかすかな苦みとちょいスーちょいピリが引き締めているようでした。
これは食中酒でしょうけれど、合わせる食べ物を選ばないのではないでしょうか。
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1531.明峰 喜久盛 カップ [20.長野県の酒]

7961.JPG7962.JPG
信州銘醸株式会社
長野県上田市長瀬2999-1

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml
(以上、フタより転記)




“明峰 喜久盛”という銘のお酒をいただきます。
7963.JPG

この酒銘の由来と信州銘醸さんの成り立ちとについて、(順序は逆になりますが)文献には以下のような記述がありました。
 昭和33年、旧丸子町内の滝沢酒造、升屋酒造、上田酒造、生田酒造の四つの蔵が販売の統一を図った。さらに48年、四社は企業の近代化と一層の品質向上を目指して製造合併を行った。
 「喜久盛」は、ともに仲良く、幾久しく栄えようという思いと、信州の美しく険しい山並みを表す「秀峰」「明峰」の文字を冠し、銘柄とした。」(※1)

“信州の美しく険しい山並み”とありましたが、なんでも「新蔵からは美ヶ原高原、菅平高原、浅間山が一望。」(※2)なのだとか。
このカップの側面には山並みがぐるりとプリントされておりましたが、もしかしたらこれが蔵から一望できる景観なのでしょうか?
7964.JPG
7965.JPG
7966.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
7967.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがふんわりと立ってまいりましたよ。

うまみはやや淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
やわらかさとともに酒臭さ(←あくまでもほめ言葉です)を少し感じて、淡めなりに厚みを感じます。
苦みがあって、弱めで鋭さもないものの、重さを感じますね。
キレはよくてスッと引きますが、透明感はそれほどでもないみたいです。

酸味はややひかえめです。
すっぱさは弱めです。
でもアルコール由来と思われるスースー感をはっきりと感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりしています。
べとついた感じはしないものの、幅のある甘みであることがわかります。


淡めではあるものの軽くはない、やや淡麗でちょい重旨やや甘口のおいしいお酒でした。

このうまみはいいね!
飲み応えを感じるものの、淡めでかつ雑味を感じません。
甘みもあるものの、これもしつこくない程度で効いておりましたよ。
それでいて重さを適度に感じる苦みが引き締めて、かつアル添が爽快感とキレの良さを添えてくれているようでした。

これはあくまでも私の好みですが、味の要素のバランスが絶妙ではないかと感じました。
けっして飲みやすくはないものの、私の好みにぴったりでした。
アル添普通酒こそかくあるべけれ!(←かかり結びで主観を誇張してみました。)
これだからさ、この趣味はやめられないのですよ。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.118(2008.5 信濃毎日新聞社)
(※2)『ようこそ日本酒の國へ』p.039(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1528.純米吟醸 猿庫の泉(さるくらのいずみ) カップ [20.長野県の酒]

7939.JPG7940.JPG
喜久水酒造株式会社
長野県飯田市鼎切石4293

内容量 200ml
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分 15度
精米歩合 55%
原料米 長野県産米100%
醸造地 長野県飯田市
採水地 長野県飯田市
(以上、ラベルより転記)




昭和19年に戦時統合で設立された喜久水酒造さんのお酒は、かつて銀泉 喜久水 パーソナルカップ 200mlと、喜久水 本醸造 にごり酒 白貴天龍 カップとをいただいております。

今日いただくこのお酒は、純米吟醸酒でした。
酒銘の“猿庫の泉(さるくらのいずみ)”ってのは、どうやら蔵元さんが蔵を置く長野県飯田市にある名水に由来するようですね。
7941.JPG
(これはフタとキャップとのあいだに入っていた紙でした。)


ラベルには、品質表示が細かく記されておりました。
7942.JPG

ちなみにこれは、“長野県PRキャラクター「アルクマ」なんだってさ”
7943.JPG


純米吟醸ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、うっすらとした金色でした。
7944.JPG


吟醸香ありますね。
上立ちはほんのりですが、口に含むとフルーティーな香りが鼻へ抜けて行きます。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみが舌をピンと突いてくるようです。
吟醸酒らしい苦みがあって、それが鋭くてやや重めです。
熟成感もなく、他に雑味もなく、しかもキレもよいですね。

酸味はややはっきりでしょうか。
すっぱさは弱めですが、弱めなりに鋭いですね。
それにこれはちょいピリですわ。

甘みはひかえめです。
存在はわかるものの、かなり弱めです。


香りはあるものの味わいもしっかりの、ちょい苦ちょいピリ旨辛口のおいしいお酒でした。
香りはしつこくはなくてちょうどよい感じでした。
苦みとピリとがありましたが、それらがいい感じに味わいを引き締めてくれていて、食事と合うように感じました。
しかもワタクシといたしましては、辛口なところがうれしいかぎりでした。

喜久水は普通酒もおいしいお酒でしたが、純米吟醸もいけますね。
しかもともに200mlって量がうれしいじゃありませんか!
nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1523.松尾 カップ [20.長野県の酒]

7902.JPG7903.JPG
(株)髙橋助作酒造店
長野県上水内郡信濃町古間856-1
(フタより転記)

アルコール分15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(ラベルより転記)




新潟県と接する長野県北部の“信濃町(しなのまち)”。
(と言っても、新宿区内にある某宗教団体の城下町とは無関係のようです。)
今日はその信濃町に蔵を置く蔵元さんのお酒をいただきます。

代表銘柄の「松尾」は、酒造りの神を祀った京都の松尾大社にちなんで名付けられた。」(※1)とありましたが、これは言わずもがなでしょうね。


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
7904.JPG

お酒の色はごくわずかに着いていることがわかる程度で、しかも透き通った感じがありました。
7905.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがフワッと漂ってまいりましたよ。

うまみはやや淡めでしょうか。
口に含むと酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)風味が口の中にパッとと広がって、それがすぐにスッと引いて行きます。
やわらかい香ばしさも少しあるみたいです。
キレはとてもよく、透明感もありますね。
苦みや雑味は感じませんでした。

酸味はひかえめです。
すっぱさはまったく感じません。
スースー感は少しはっきりしています。
また、かすかにピリッとくるみたいです。

甘みはややひかえめでしょうか。
弱めかつゼロではなくてさらっとしているものの、幅を感じます。


風味が広がってキレのよい、やや淡麗でやや辛口のお酒でした。
これはあくまでも私の予想ですが、キレがよく、かつ透明感とスースー感があったことから、おそらく多めのアル添が施されているのではないかと推察いたします。
味には薄っぺらさを少し感じましたが、風味はバッチリでしたよ。
しかもその風味がしつこくなくてちょうどいい感じでした。

私の感想としてはおいしいかどうかは微妙かと思いますし、それに純米至上主義の諸兄には到底認めがたい味わいかもしれません。
でも、こういう風味豊かなアル添酒ってのも、なかなか面白いのではないでしょうか。

(※1)川崎史郎:文・小林敬一:写真『酒蔵で訪ねる信州』p.10-11(2008.5 信濃毎日新聞社)
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1522.笑亀(しょうき) カップ [20.長野県の酒]

7889.JPG7900.JPG
笑亀酒造株式会社
長野県塩尻市塩尻町140

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分 15度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




『笑亀』という名前の由来は、幸福な人生を楽しもうという意味の「笑」という言葉と、長寿を意味する「亀」で、「このお酒を飲んで笑って長生きしましょうね」という意味。」(※1)という笑亀酒造さんの“笑亀(しょうき)”をいただきます。

かといっても、あたしゃあんまり長生きはしたくはないんですけれどね。
あと2,3年でおしまいって具合がちょうどいいんじゃないかと思っている次第ですわ。
ムダに歳をとっても笑って長生きとは到底行かず、どうせ生き恥をさらすだけですから。


どうでもいいことで話のネタがないことをごまかしたところで、そろそろいただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっていて、しかも透き通っておりました。
7901.JPG


ああ、やっぱり。

うまみは淡めです。
ウィスキーみたいな風味がじんわりと広がりますね。
苦みはあるものの、弱めです。
ですがやっぱり透明感はバッチリでしたよ。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感は少しわかる程度です。
かすかにピリッとくるかも。

甘みはややはっきりでしょうか。
弱めではあるものの、少しべとつくように思います。


独特な風味の、淡麗ちょいクドやや甘口のお酒でした。
ウィスキーのような風味があって、しかも苦みを少し感じました。
それでいて透明感がバッチリでした。
これは私の予想ですが、アル添多なのでしょうか。
また私としては、甘みのべとつきが気になりました。

以上です、編集長!


(※1)『ようこそ日本酒の國へ』p.097(2014.5改訂 合同会社デザインファームアンドリゾート)
nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 20.長野県の酒 ブログトップ