So-net無料ブログ作成
9943.熊本県の焼酎 ブログトップ
前の10件 | -

《焼酎》147.美酒三昧 梟帥(びしゅざんまい たける)25度 200ml [9943.熊本県の焼酎]

10008.JPG
六調子酒造株式会社
熊本県球磨郡錦町大字西1013

本格焼酎
原材料 米、米麹、麦
アルコール分25度
200ml詰
(以上、ラベルより転記)




大正十二年(一九二三)に創業して以来、手堅い焼酎造りを続けてきている。」(※1)という六調子酒造さん。
なんでも「焼酎の貯蔵熟成技術の研究には一世紀近くの年月をかけて取り組んできた。」(※1)のだとか。
10009.JPG

今日いただくこの米焼酎には、副原料として麦(大麦)が使用されているそうです。
10010.JPG

そういえば、球磨の地で造られていた麦を副原料とした米焼酎は、かつて蔵八で経験しておりました。
上記リンク先でも紹介しておりますが、たとえ球磨の地で造られた焼酎であっても麦を副原料として使用すると、“球磨焼酎”の名を名乗ることができなくなるのですよ。
それでも麦を使用する利点は、いったいどこにあるのでしょうかね。


それではいただいてみたいと思います。

まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
10011.JPG

米の風味がしっかりして、鋭いのみならず厚みも感じます。
麦の風味は弱めで、言われないとわからない程度でしょう。
甘みは弱めで、しかもけっこうピリッときますね。


次に、お湯割りで。
10012.JPG

米の風味とともに、麦のふんわりした香ばしさもかすかにわかります。
甘みは依然として弱く、ピリピリ感も残ります。


最後はいつも、ロックでいただくところです。
しかしこの風味でロックだと角が出てしまうであろうと予想し、今日は水割りでいただきます。
10013.JPG

生(き)と同じく、米の風味が前に出て、麦の風味はわからない程度です。
苦みが少し出て、ちょいピリちょいスーです。



味わいが鋭い米焼酎でした。
焦げ臭さや重さがなかったことから、おそらく減圧蒸留でしょう。
それに熟成感も感じませんでした。
一方で米の風味がしっかりしておりましたが、それとともに味わいに角(風味自体の鋭さ・苦み・ピリピリ)がありました。
でも、それが濃い味の食べ物と合うと思いましたよ。



今日のエサ。

山東菜のごまよごし。
あっさりした山東菜にごまの風味がよく合いました。
10014.JPG

辛口の郡上みそを使った、“煮込みのようなもの”。
10015.JPG

東京の居酒屋でおなじみの“煮込み”にはモツを使うことが多いようですが、モツは下処理が難しいので豚バラ肉を使いました。
郡上みその深みが豚肉とよく合ってまいう~でした。
10016.JPG

ごちそうさまでした。

(※1)球磨焼酎酒造組合編集『球磨焼酎-本格焼酎の源流から』p.200(2012.1 弦書房)
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》146.極楽 25度 200ml [9943.熊本県の焼酎]

9956.JPG
有限会社林酒造場
熊本県球磨郡湯前町3092

本格焼酎
原材料:米(国産)、米麹(国産米)
アルコール分:25度
容量:200ml詰
(以上、ラベルより転記)




林酒造場さんの焼酎は、かつて極楽の105ml瓶(常圧蒸留)をいただいております。
9957.JPG

今日いただくこの米焼酎も“極楽”ですが、こちらには常圧蒸留であることの表示がございませんでした。
ということは、減圧蒸留なのでしょうか?
9958.JPG


それではいただいてみたいと思います。

まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ試します。
9959.JPG

米の風味がしっかりしております。
でも、焦げ臭さや重さはまったく感じません。
甘みはふんわり感じます。
それにけっこうピリッと来ますね。


次に、お湯割りで。
9960.JPG

米の風味は薄まることなく、むしろふっくらしてまいりました。
甘みも残りますね。
ピリも少しだけ残るみたいです。
また、軽い苦みがほんの少しだけ出て、鋭さもかすかに感じます。


最後はロックで。
9961.JPG

ピリピリは生と同じくらいはっきり。
苦みが少しはっきりしています。
米の風味も引き締まっておりますよ。
かなりキリッとしておりますが、その中でも甘みが頑張って残っているようです。



キリッと引き締まった、おいしい米焼酎でした。
焦げ臭さや重さをまったく感じなかったことから、これはおそらく減圧蒸留の焼酎でしょう。
それでも米の風味がしっかりしていて、飲み応えを感じました。
またピリピリ感や苦みが適度にあって、味を引き締めておりました。

私としては、米の風味がふっくらしていたお湯割りが好みでした。



今日のエサ。

出汁巻き玉子(ねぎ入り)。
9962.JPG

野菜炒め(魚ソー入り)。
9963.JPG

ごちそうさまでした。
9964.JPG
nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》144.松の泉 25度 360ml【翌日追記あり】 [9943.熊本県の焼酎]

9797.JPG9798.JPG
松の泉酒造合資会社
熊本県球磨郡あさぎり町上北169番地1

本格焼酎
アルコール分25度
原材料名 米・米こうじ
内容量 360ml詰
(以上、ラベルより転記)





松の泉酒造さんの米焼酎“松の泉”は、かつて200ml詰のものをいただいております。
今日いただくこれは二合詰(360ml)でした。
9800.JPG

松の泉酒造さんは、内村光良さんのお母さんのご実家なんですってね。
あたしゃ“六角精児の呑み鉄本線・日本旅”で知りましたよ。
9799.JPG

キャップがお猪口のようになった二合詰めのペットボトルは、熊本の米焼酎や鹿児島の芋焼酎でよく見かけます。
でもこれってさ、持ち歩きながら25度の焼酎を生で飲めってこと?
南九州の皆さんは、25度の焼酎を生で二合飲んでも平気でいられるほど、アルコールに強いのでしょうか?
9801.JPG

あたしゃそれほど強くはないので、飲み方を変えながら楽しんでみたいと思います。


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
9802.JPG

米の風味に鋭さを感じます。
広がらず、舌の上にピンと乗っかってくるみたいです。
ピリピリ感は少しはっきりしています。
軽い苦みをかすかに感じます。


次に、ロックで。
9803.JPG

米の風味がキリッと引き締まってきました。
それとともに、常圧蒸留の焼酎みたいな重さをかすかに感じます。
甘みは引きました。
ロックで出がちな苦みはそれほど感じません。
ピリピリ感はちょっと残るみたいです。


最後はお湯割りでいただきます。
9804.JPG

米の風味はキリッとしていますが、まろやかさもちょっとだけ出るみたいです。
それとともに、重さがわずかながらにもいい感じに出ています。
甘みは弱めですが、ロックよりもはっきりしています。
お湯割りで出がちな酸味は弱めです。


キリッと引き締まったおいしい米焼酎でした。
生で甘みを、ロックで引き締まった風味を、そしてお湯割りで豊かな風味を感じることができました。
減圧蒸留でしょうけれど、飲み応えがありました。



台風が接近しつつある今日のつまみは、冷蔵庫の在庫処理。

しいたけと魚ソーとの卵炒め。
あたしゃしいたけが好きで、大袋で売っているとついつい買ってしまうのです。
9805.JPG

炊き込みご飯(にんじん・しいたけ・油揚げ)。
麦飯なのは、どうかご愛嬌。
“貧乏人は、麦を食え”(池田勇人)ですからね。
9806.JPG

ごちそうさまでした。




翌日の昼食時(といってもまだ午前中ですが)。
残った焼酎を。“燗ロック”(割らずに燗にした焼酎をロックで飲む方法)で試してみましたよ。
9807.JPG
9808.JPG

甘みが豊かになりますね。
お湯割りの時よりも厚みがありますよ。
同時に、米の風味の引き締まりも和らいでまいりました。

かなりまろやかな味を楽しむことができましたよ。
燗ロック、いいね!
別の焼酎でも試してみたいな。
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》143.華吟 200ml [9943.熊本県の焼酎]

9757.JPG
合名会社 豊永酒造
熊本県球磨郡湯前町老神1873番地

本格焼酎
原材料:米(国産)、米(国産米)
アルコール度数:25度
内容量:200ml
(以上、ラベルより転記)




豊永酒造さんの焼酎は、かつて豊永蔵(とよながくら) 常圧蒸留 108mlをいただいております。

今日いただくこの米焼酎は、“(やわらか吟醸仕立て)”なんだってさ。
品質表示の2つめの“米”は、きっと“米麹”の誤植でしょうね。
9758.JPG

それでは、“厳封”を解いていただいてみたいと思います。
9759.JPG


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
9760.JPG

米の風味がしっかりしておりますよ。
甘みもはっきりとわかります。
華やかさはほんのりです。
アルコール香はそれほどでもなく、ピリピリ感は弱めで口当たりが柔らかです。


これはロックでしょう!
9761.JPG

華やかさが少し立ってまいりました。
米のうまみはそのまましっかりです。
ロックで出がちな苦みは、ちょっとだけですね。
後味がさっぱりしていて、軽めです。


最後は、お湯割りで試してみました。
9762.JPG

これは米の風味にふんわり感が出てまいりましたよ。
甘みもしっかりとわかります。
苦みはなく、華やかさも引きますね。
後味はさっぱりしています。



米の風味が豊かで、クセがなくて飲みやすいおいしい米焼酎でした。
このクセのなさから推察するに、おそらく減圧蒸留の米焼酎でしょう。
でも、米の風味が豊かで雑味や重さ、クセが一切ないという、減圧蒸留の良さがとてもよくわかりました。
しかも後味がさっぱっりしていたことから、食事とも合うおいしい米焼酎だと感じました。



今日のおつまみはこちら。

つるむらさき。
9763.JPG

おひたしにしてみました。
シャキッとした食感がいいね。
9764.JPG

豚ロース肉。
9765.JPG

味噌だれ(味噌+酒+みりん+砂糖)に一時間ほど漬けたのち、フライパンで焼いてみました。。
9766.JPG

辛口の郡上みそを使ったせいか、ややしょっぱめに仕上がりました。
ですがそのせいで焼酎がすすむことすすむこと!
9767.JPG

ごちそうさまでした。
9768.JPG
nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》142.蔵の朔 180ml [9943.熊本県の焼酎]

9708.JPG9709.JPG
合資会社高田酒造場
熊本県球磨郡あさぎり町深田東756

本格焼酎
原材料/米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分/25度
内容量/180ml
(以上、ラベルより転記)




明治三十五年(一九〇二)創業。日本三急流の一つ、球磨川の近くにある小さな蔵。焼酎はすべて手造りで、昔ながらの石蔵の麹室、カメ仕込みを受け継ぎ、こだわりの少量生産を守っている。」(※1)という高田酒造場さん。
なんでも、「酵母についても、新酒の野生の花酵母を取り入れているのは球磨焼酎の蔵の中でもここだけ。」(※1)なのだとか。
9710.JPG

今日いただくこの米焼酎にも“つるばら酵母”なる花酵母を用いているとのとでしたが、それとともにこの米焼酎はなんと“常圧蒸留”でしたよ!
9711.JPG

清酒の場合、花酵母を用いたお酒には華やかな香りを特徴とするものが多いように思います。
一方で常圧蒸留の米焼酎には加熱によって生成された物質の影響で焦げ臭さや重さが出るわけですよ。

華やかな香りと、焦げ臭さ・重さ。
果たしてこれらは両立(鼎立?)し得るのでしょうか?
それを確かめるべく、いただいてみたいと思います。


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
9712.JPG

最初にアルコールの風味と共に、花っぽい香りを穏やかにほんのりと感じます。
一方で焦げ臭さはかなり弱めです。
米の風味もそれほど突出してはおりません。
甘みはあって、少しはっきりしています。


次に、ロックで。
9713.JPG

花っぽい香りはそのままです。
ですが、これは焦げ臭さが少し際立ってきましたよ。
強くはないものの、じんわりと感じて鼻へ抜けて行きます。
それに、米の風味と甘みとがはっきりしてまいりました。
ロックで出がちな苦みはないみたいです。


最後は、残ったものをお湯割りでいただきます。
9714.JPG

酸味が出ますが、水に由来するものでしょうか?
焦げ臭はロックよりも際立って、口だけじゃなくて鼻でも上立ち香でわかるようになりました。
その反面、華やかな香りは隠れつつあるようです。
甘みも引きますね。


常圧蒸留の風味が上品な、おいしい米焼酎でした。
花酵母の香りをストレートに感じたければ生(き)がおすすめです。
ロックだとバランスがよくてしっかりしたおいしさを、そしてお湯割りだと常圧蒸留に由来する風味を、それぞれ感じることができました。

花酵母の香りと常圧蒸留の焦げ臭さとのバランスが一番よかったのはロックでしたが、私としては焦げ臭さが際立ってきたお湯割りが好みでした。
しかし、この米焼酎の焦げ臭さは穏やかで、極楽のようにどっしりとしたものではありませんでした。

ただ、それでもこれは常圧蒸留の米焼酎。
飲み終わって、今この記事を書いている間も、焦げ臭さの残り香を鼻腔で感じ続けております。
あたしゃこの残り香が、常圧蒸留の焼酎の良さの一つだと思いますよ。
だって、飲み終わった後もずっと焼酎の風味を楽しめるわけですから。


つるばらの花言葉、だってさ。
9715.JPG




きょうのおつまみ。

スーパーで買ってきたアジフライ。
今日はウスターソースでいただきました。
9716.JPG

そして、冷蔵庫の残り物で作った炒飯。
9717.JPG


ああ、
今日も楽しかった楽しかった。
9718.jpg
(友情出演)

(※1)球磨焼酎酒造組合編集『球磨焼酎-本格焼酎の源流から』p.199(2012.1 弦書房)
nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》140.奥球磨櫻 25度 100ml [9943.熊本県の焼酎]

9653.JPG9654.JPG
株式会社堤酒造
熊本県球磨郡あさぎり町岡原南390番地4

本格焼酎
100ml詰
アルコール分25度
原材料 米(国産)米麹(国産米)
(以上、ラベルより転記)




明治十一年(一八七八)、創業。平成十四年、堤酒造が蔵を受け継ぐ。」(※1)という堤酒造さん。
もともとは犬童酒造という名だったみたいですね。
9655.JPG

今日いただくこの米焼酎“奥球磨櫻”ですが、蔵元さんのWebsiteでは以下のように紹介されておりました。
清酒用の吟醸酵母(9号酵母)を使用し、じっくり低温発酵させました。優雅な香りと深い味わいの本格焼酎。

低温発酵で香りを特徴とするということは、おそらく減圧蒸留の焼酎なのでしょう。
ということで、今日はロックに水をちょい足しでいただきます。
9656.JPG


香りはわからないな。
かといって焦げ臭さがあるわけでもないので、これは減圧蒸留の焼酎でしょう。

米のうまみが鋭いね。
舌の上をピンと突いてきます。
それに甘みはひかえめで、ほとんど感じません。
苦みも少しだけあって、弱めながらにこれも鋭いですね。


かなりキリッと引き締まった、辛口米焼酎でした。
かなり引き締まった味わいでした。
それに甘くないので、ドライな口当たりでした。

これは食事と合う米焼酎だと思いますよ。
それも、甘めに炊いた煮物なんかと合うんじゃないかな。

(※1)球磨焼酎酒造組合編集『球磨焼酎-本格焼酎の源流から』p.197(2012.1 弦書房)
nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》139.秋の露 樽 25度 100ml [9943.熊本県の焼酎]

9626.JPG9627.JPG
常楽酒造株式会社
熊本県球磨郡錦町一武2577-13

本格焼酎
原材料/米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分25度
内容量/100ml
(以上、ラベルより転記)




今日は、“秋の露 樽”という名の球磨焼酎をいただきますよ。
9628.JPG

“樽”ということは、おそらく樽で長期熟成された焼酎なのでしょう。
熟成焼酎をお湯割りにするとスースー感が際立ってしまうことがございましたので、今日は全量をロックでいただきますよ。
9629.JPG


一口含むと、最初に熟成感がわかります。
ウィスキーみたいな風味があることから、これは樫樽で貯蔵されいるのではないでしょうか。
それでも風味に重さやクセはなく、後味はさっぱりしています。
そこへ米のうまみが来て、これは厚みを感じます。
苦みや雑味はなく、酸味も感じません。

熟成感しっかりなのにクセのない、おいしい米焼酎でした。
熟成感があるのにしつこくないのがうれしいところでした。
これはうまいね。


これに合わせたのは、わかさぎの佃煮。
2週間ほど前に佃島で入手したものの最後の残りでした。
9630.JPG

これさ、まちがいなくばっちりだぜ!
川魚の風味を焼酎が和らげて、魚のおいしさを引き出してくれましたよ。
佃煮だけをかじった時とでは佃煮の風味がぜんぜんちがうよ!

焼酎も佃煮もおいしかったし、それに楽しかった。
これだから、この趣味はやめられないのですよ!


あ、そういえば、
飲んでいる間だけ、今日の仕事でのイヤなこと、全部忘れていたわ。
nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》138.樽神輿 105ml [9943.熊本県の焼酎]

9590.JPG9591.JPG
株式会社福田酒造
熊本県人吉市西間下町137-2

本格焼酎
内容量 105ml
原材料 米・米麹
アルコール分25度
(以上、ラベルより転記)




熊本県人吉市で球磨焼酎を造る福田酒造さん。
かつて山河 特醸 105mlと、山河 200mlとをいただいております。

今日いただくこの“樽神輿(たるみこし)”も球磨焼酎(米焼酎)ですが、こちらは熟成焼酎なんだってさ。
9592.JPG9593.JPG

かつて熟成焼酎をお湯割りにしたことで、スースー感が際立ってしまったことがございました。
そこで今日は、全量をロックでいただきます。
9594.JPG


熟成感がしっかりしているものの、軽めで角やしつこさがありませんね。
その後で、米の風味もふんわりと感じます。
甘みもかすかにありますね。
苦みや雑味はまったくなく、スースー感もありません。


穏やかで軽めの熟成感を楽しめる、おいしい米焼酎でした。
ウィスキーみたいな風味ですが、こちらはかなり軽めでした。
米の風味もふんわりと感じて、球磨焼酎らしさがありました。
それに、焼酎にはロックにすると苦みが出るものが少なからずありましたが、これは苦みゼロでしたよ。

これ、うまいね。
人吉で地元の食べ物と合わせていただけば、よりいっそうおいしいことでしょうね。
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》125.八代不知火蔵 本格むぎ焼酎 白水 200ml【追記あり】 [9943.熊本県の焼酎]

7949.JPG
製造者:メルシャン株式会社
東京都中野区中野4-10-2
製造場:八代工場
熊本県八代市三楽町3-1

本格焼酎
原材料:麦、麦麹
アルコール分:25%
内容量:200ml
(以上、ラベルより転記)




三楽焼酎の製造場に由来するメルシャン八代工場“八代不知火蔵”の焼酎は、かつて八代不知火蔵 本格こめ焼酎 白水 200mlをいただいております。
7950.JPG

今日いただくこの焼酎は、麦100%の麦焼酎でした。
7951.JPG


25度で200mlですからね、今日は半分だけいただきます。
残りは明日、別の飲み方で試してみて、その感想はこの記事に追記します。
7952.JPG


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
7953.JPG

やっぱりピリッときますね。
でも、甘みも少し感じますよ。
麦のふんわりとした風味はかすかです。
むしろ、きりっとした風味がしっかりしていて、まるで米焼酎のようですわ。
また苦みや焦げ臭さはまったくないことから、減圧蒸留であろうと推察できます。



次に、お湯割りで。
7954.JPG

麦の風味は引いて、わからなくなりました。
一方でキリッとした風味が際立ってまいりましたよ。
それに苦みが出て鋭さを感じることから、かなり引き締まった口当たりになりました。
甘みは引くものの、かろうじて残っております。



翌日。
お湯割りでも鋭い苦みが出たということは、ロックだとより一層苦みを感じてしまうことになるであろう思います。
そこで今日はロックではなくて、水割りにしてみましたよ。
7955.JPG

ピリは引きますね。
苦みも弱くなりましたよ。
風味は相変わらずのキリッと引き締まった米焼酎のような感じですが、麦のふんわりとした香ばしさもかすかではあるものの感じます。



水割りがもっとも穏やかな口当たりで、かつ風味も感じておいしくいただけると思いました。
あたかも米焼酎のような風味の麦焼酎でしたよ。
nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

《焼酎》124.米焼酎 なんじゃかんじゃ 300ml [9943.熊本県の焼酎]

7918.JPG7919.JPG
瑞鷹株式会社 東肥蔵
熊本市南区川尻一丁目3-72

本格焼酎
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
アルコール分:25度
内容量:300ml
(以上、ラベルより転記)




瑞鷹さんのお酒は、かつて瑞鷹上撰くまもとカップ(くまモン絵入り)と、瑞鷹 上撰 肥後六花カップ、そして瑞鷹 純米酒 熊本城 300mlをいただいております。
今日は、その瑞鷹さんが造った米焼酎をいただきますよ。
7920.JPG


この米焼酎ですが、蔵元さんのWebsiteによれば「三陽物産株式会社(中略)との共同開発」の商品なのだとか。
しかもそれは「独自の超低温減圧蒸留で仕上げた、調和(バランス)のとれた、やわらかな香りとまろやかな味わい」なんだってさ。

そりゃそうだよね。
三陽物産って会社は、どうやら酒問屋さんのようですから。
お酒の販売を業とする酒問屋さんが商品の企画に関与すれば、そりゃこだわりの味とか通好みの味のものではなくて、“飲みやすくて万人に受ける焼酎=売れる焼酎”の味わいになることが明らかでしょうからね。
そんな焼酎は、減圧蒸留の飲みやすいものになることは必定でしょう。

ということは、軽くて飲みやすいものの、飲み応えは一切ないスッキリさらさらの焼酎なのでしょうか?
それを確かめるべく、いただいてみたいと思います。



まずは生、すなわちストレートでちょっとだけ。
7921.JPG

まず先に、甘みがしっかりしていることがわかります。
焼酎にしてはめずらしく、甘みに厚みを感じます。
そして、米の風味もふんわりと広がります。
ただ、吟醸酒みたいな苦みが少しだけあるみたいです。

一方で、香りはしませんね。
アルコール香も感じません。
またピリピリもなく、常圧蒸留のような焦げ臭さもないみたいです。



次に、お湯割りで。
7922.JPG

これは米の風味が際立ちますね。
生(き)で感じたふんわりから、風味に厚みが出てまいりましたよ。

苦みは引くものの、なぜか不思議なことに常圧蒸留のような焦げ臭さをごくかすかに感じるようになりました。

またお湯割りにしたことで、アルコール香やスースー感がはっきりしてきて、しかもちょいピリになりましたよ。



最後は残りをロックでいただきます。
7923.JPG

ああ、やっぱり。
ロックでありがちな苦みが出てまいりましたよ。
それがいい感じに引き締めてくれておりました。
でも甘みが効いていることから、重さはないみたいでした。

また米の風味とともに、かすかな焦げ臭さも感じます。

スースーは引くものの、ピリはちょっと残るみたいです。



甘みが効いているところに、お湯割りだと米の風味が豊かで、ロックだとキリッと引き締まる、おいしい米焼酎でした。
たしかに減圧蒸留特有のクセのない味わいだと思いますが、ごくかすかではあるものの常圧蒸留みたいな焦げ臭さも感じて、私としてはうれしいところでした。
これはあくまでも私の予想ですが、もしかしたら常圧蒸留の米焼酎をブレンドしているのでしょうか?

たしかに飲みやすいものの、風味がしっかりしているおいしい米焼酎でしたよ。



ですがやっぱり、そこは25度の米焼酎。
300mlも飲んだことから、かなり回ってしまいましたとさ。
7924.JPG
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 9943.熊本県の焼酎 ブログトップ