So-net無料ブログ作成

《焼酎》144.松の泉 25度 360ml【翌日追記あり】 [9943.熊本県の焼酎]

9797.JPG9798.JPG
松の泉酒造合資会社
熊本県球磨郡あさぎり町上北169番地1

本格焼酎
アルコール分25度
原材料名 米・米こうじ
内容量 360ml詰
(以上、ラベルより転記)





松の泉酒造さんの米焼酎“松の泉”は、かつて200ml詰のものをいただいております。
今日いただくこれは二合詰(360ml)でした。
9800.JPG

松の泉酒造さんは、内村光良さんのお母さんのご実家なんですってね。
あたしゃ“六角精児の呑み鉄本線・日本旅”で知りましたよ。
9799.JPG

キャップがお猪口のようになった二合詰めのペットボトルは、熊本の米焼酎や鹿児島の芋焼酎でよく見かけます。
でもこれってさ、持ち歩きながら25度の焼酎を生で飲めってこと?
南九州の皆さんは、25度の焼酎を生で二合飲んでも平気でいられるほど、アルコールに強いのでしょうか?
9801.JPG

あたしゃそれほど強くはないので、飲み方を変えながら楽しんでみたいと思います。


まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
9802.JPG

米の風味に鋭さを感じます。
広がらず、舌の上にピンと乗っかってくるみたいです。
ピリピリ感は少しはっきりしています。
軽い苦みをかすかに感じます。


次に、ロックで。
9803.JPG

米の風味がキリッと引き締まってきました。
それとともに、常圧蒸留の焼酎みたいな重さをかすかに感じます。
甘みは引きました。
ロックで出がちな苦みはそれほど感じません。
ピリピリ感はちょっと残るみたいです。


最後はお湯割りでいただきます。
9804.JPG

米の風味はキリッとしていますが、まろやかさもちょっとだけ出るみたいです。
それとともに、重さがわずかながらにもいい感じに出ています。
甘みは弱めですが、ロックよりもはっきりしています。
お湯割りで出がちな酸味は弱めです。


キリッと引き締まったおいしい米焼酎でした。
生で甘みを、ロックで引き締まった風味を、そしてお湯割りで豊かな風味を感じることができました。
減圧蒸留でしょうけれど、飲み応えがありました。



台風が接近しつつある今日のつまみは、冷蔵庫の在庫処理。

しいたけと魚ソーとの卵炒め。
あたしゃしいたけが好きで、大袋で売っているとついつい買ってしまうのです。
9805.JPG

炊き込みご飯(にんじん・しいたけ・油揚げ)。
麦飯なのは、どうかご愛嬌。
“貧乏人は、麦を食え”(池田勇人)ですからね。
9806.JPG

ごちそうさまでした。




翌日の昼食時(といってもまだ午前中ですが)。
残った焼酎を。“燗ロック”(割らずに燗にした焼酎をロックで飲む方法)で試してみましたよ。
9807.JPG
9808.JPG

甘みが豊かになりますね。
お湯割りの時よりも厚みがありますよ。
同時に、米の風味の引き締まりも和らいでまいりました。

かなりまろやかな味を楽しむことができましたよ。
燗ロック、いいね!
別の焼酎でも試してみたいな。
nice!(29)  コメント(0) 

【お酒】1666.金銀花 真清田 Gold CUP 上撰 [23.愛知県の酒]

9790.JPG9791.JPG
金銀花酒造株式会社
愛知県一宮市今伊勢町馬寄19番地

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
国産米100%使用
NET 180ml
(以上、ラベルより転記)




愛知県は一宮市。
石刀神社の参道に蔵を構える金銀花(きんぎんか)酒造さん。
nagara034.JPG
nagara035.JPG

ラベルを見ると、“金銀花”の酒銘と共に“真清田(マスミダ)”とありますね。
これはおそらく、尾張国一之宮である“真清田神社”に由来する銘ではないでしょうか。
9792.JPG

“Gold CUP”と大きく書かれたすき間に、何やら文字が。
“Gold SILVER & BLOSSOMS CUP”“金銀花カップ”なのね
9793.JPG

普通酒ですが、上撰の小印が付されておりました。
9795.JPG
9794.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いている程度でしたが、きれいな金色でした。
9796.JPG


香りはないですね、、

うまみは、やや濃いめでしょう。
米のうまみがじんわり広がりますが、厚みも感じます。
熟成感もかすかにあるみたいですが、かなり穏やかです。
苦みや雑味はないものの、軽い渋みをごくわずかに感じます。
キレはよいものの、透明感はないみたいです。

酸味はややひかえめでしょう。
すっぱさは弱めです。
スースー感は少しあるみたいですが、ピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりかな。
幅のある甘みを感じますが弱めで、クドさやべとついた感じはありません。


飲み応えがあるのにキレのよい、やや濃醇で旨やや甘口のおいしいお酒でした。
一口目で米のうまみをじんわりと感じました。
甘みに幅がありましたが、クドさやべとつきがなく、ちょうどよい感じでした。
雑味はゼロで、軽い渋みや酸味は味をうまく引き締めているようでした。
ただこの渋みと酸味とは、燗が冷めるにつれて目立ってくるようでした。
それでいてキレがよく、後味はさっぱりしておりました。

これさ、かなりうまいんじゃないの!
“尾張国に金銀花あり”と、あたしゃ声高に叫びたいくらいですよ。
購入時に応対していただいた社長さんのお話では、国内での売れ行きはジリ貧で、むしろ中国のお金持ちに買ってもらっているとおっしゃっていましたが、日本国民、とくに愛知県民の皆さんはもっと金銀花に注目すべきなんじゃないかな。
おいしくて、食事との相性はバッチリで、しかも普通酒だからお手軽なお値段で入手できてしまう、素敵なお酒でございましたとさ。
nice!(32)  コメント(2) 

【お酒】1665.白隠正宗 誉富士純米酒 カップ [22.静岡県の酒]

9786.JPG
髙嶋酒造株式会社
静岡県沼津市原354-1

原材料名 米・米麹
精米歩合60%
アルコール分 15度以上16度未満
全量静岡県産誉富士使用
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




髙嶋酒造さんのお酒は、かつて白隠正宗 辛口純米 300mlをいただいております。

え?、白隠正宗にカップ酒があるのか!」、と驚きの諸兄もいらっしゃることでしょう。
しかしこれは、東京は中野区にある味ノマチダヤにて入手したものでした。
察するに、味ノマチダヤさんが企画したオリジナル商品ではないでしょうか?


このカップ酒は、静岡県が誇る酒造好適米“誉富士”を全量使用した純米酒なんだってさ。
9787.JPG

品質表示の他に、“こだわり”も書いてありましたよ。
9788.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いている程度で、透き通っておりました。
9789.JPG


香りはないですね。

うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
最初に熟成感が来て、少し枯れていて角も少し感じます。
米のうまみはうっすらです。
渋みが少しあって、弱めですが鋭いですね。
純米なのにキレはよく、透明感すら感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさはどちらかというと弱めですが、これにも鋭さを感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みはひかえめ、いや、ややひかえめでしょうか。
かすかに感じる程度ですが、不思議とべとつきます。


枯れていて、ちょい渋ちょいすっぱやや辛口のお酒でした。
熟成感が最初に来て、その後に渋みと酸味とが追随するように感じました。
熟成感や渋み、そして酸味と、いずれの味の要素にも鋭さがあって、燗が冷めるにつれてそれらが目立ってくるようでした。
米のうまみはうっすらというかペラペラで、純米なのに透明感すら感じたのは、誉富士の性質によるものでしょうか?
私としては、うまみ自体に深みやコクがほしいところでした。
nice!(27)  コメント(0) 

さわやか信州酒集め [旅]

長野県産のお酒については、このブログでも少なからず紹介してまいりました。
sawashin151.jpg

でも、これらはみな、松本と木曽とで入手したものばかり。
すなわち私は、長野県では松本市内木曽福島とでしか酒集めをしたことがなかったのでした。
それでもこれだけの数を紹介することができていたわけですよ。

そこで今回は、“雨の予報を甘受した上で”長野県内の他地域を徘徊して酒集めをすべく出かけてまいりましたよ。

なお今回は、JR東日本の“週末パス”を使いました。
sawashi001.JPG






★☆2019年9月28日(土)★☆

まずは早朝の新宿駅から。
sawashi002.JPG

臨時特急の6:28発あずさ71号に乗車しましたよ。
sawashi003.JPG

あずさ71号といえば、189系の充当が続いていましたね。
しかし今となってはそれも昔のことでした。
sawashi004.JPG


新宿駅からあずさ71号におよそ2時間半乗って、着いたのは茅野駅(長野県茅野市)。
8:57の到着でした。 
sawashi005.JPG
sawashi006.JPG

茅野駅の売店で、ダイヤ菊のカップ酒をさっそくGET!
sawashi007.JPG

こちらがそのダイヤ菊を造る諏訪大津屋本家酒造さんの蔵でございます。
sawashi008.JPG

歩いていると、手作り感満載の鳥居を発見。
sawashi009.JPG

大年社。
諏訪大社上社の末社でした。
これはぜひとも参拝させていただきますよ。
sawashi010.JPG

拝殿にて二礼二拍手一礼。
まだ見ぬお酒にたくさん出会えますように。
どうかどうか、雨が降りませんように。
sawashi011.JPG


信州は、市街地でも歩いていると気持ちがいいね。
山が近いせいか、吹いてくる風が清々しいのですよ。
でも冬はきっと厳しいかも。
sawashi012.JPG

高天のからくちカップをGET!
辛口の表記がない普通酒紙カップは既出ですが、再度購入して飲み比べてみなければいけないかも。
sawashi013.JPG

そうこうしているうちに、西友で普通酒(“からくち”ではないほう)の一合瓶を見つけてGET!
これで再度購入の必要はなくなりました。
sawashi014.JPG

麗人の蔵元さんへはこの後で訪問する予定でしたが、普通酒カップを見つけてGET!
sawashi015.JPG

やすらぎ橋より上川を望む。
川風が気持ちいいね。
sawashi016.JPG

高天は、さらに純米酒の300ml瓶も見つけてGET!
sawashi017.JPG


茅野市を離れ、諏訪市へと入りました。
sawashi018.JPG

あれ、こんなところにおぎのや(峠の釜めし:群馬県安中市)があるよ!
“とんだところへ北村大膳”だぜ。(意味がちがうだろ!
sawashi019.JPG

なんだかものすごく腹が減ってきたと思ったら、もう11時過ぎ。
2時間も歩いていたのね。
sawashi020.JPG

おあつらえ向きに、てんやを発見。
sawashi021.JPG

上天丼が安い日(690円→500円)とのことで、小盛り(50円引き)でいただきました。
sawashi022.JPG

さらに歩いていくと、いい感じの川を発見。
鮒が釣れそうな雰囲気。
sawashi023.JPG

その川端で発見!
腐っても鯛ならぬ、腐ってもポルシェ?
sawashi024.JPG

再び上川を渡って(六斗橋より)、
sawashi025.JPG

中央東線の単線部分を踏切で越えて、
sawashi026.JPG

諏訪市に入ってから成果がないまま、目抜き通り(国道20号)へとやってまいりました。
ここからが、めくるめくほどの楽しみのはじまりなのですよ。
sawashi027.JPG


まずは宮坂醸造さん。
sawashi028.JPG

言わずと知れた銘酒“真澄”の蔵元さんですね。
sawashi029.JPG

隣には、“セラ真澄”なる直売所がございます。
sawashi030.JPG

試飲は、500円で杯を買って5杯飲めるシステムでした。
sawashi031.JPG

すずみさけ。
酸味がピンと効いていて、さわやかなお酒でした。
sawashi032.JPG

山廃純吟のひやおろし。
乳酸の風味がしっかりで、燗でもいけると思いました。
sawashi033.JPG

突釃(つきこし)。
空気に触れさせずにろ過したという生酒。
フレッシュな風味がいい感じでした。
sawashi034.JPG

真澄さんお得意の7号酵母を使った純米大吟醸。
きれいなのにしっかりで、ほんのり香る味わいでした。
sawashi035.JPG

最後は粕取り焼酎で仕込んだ梅酒。
甘ったるさのないおいしい梅酒でした。
sawashi036.JPG

酒蔵は、まだまだ続きますよ。
sawashi037.JPG

こちらは伊東酒造さん。
sawashi038.JPG

横笛はこれまでにカップ酒を3種(普通酒本醸造純米酒)いただいております。
sawashi039.JPG

酒ぬのや本金酒造さん。
sawashi040.JPG
sawashi041.JPG

本醸造の300ml瓶と、普通酒のカップ酒とをGET!
sawashi042.JPG

麗人酒造さん。
sawashi043.JPG
sawashi044.JPG

茅野市内で普通酒のカップ酒を見つけてしまいましたが、ここでは本醸造の樽酒300mlと本醸造カップとをGET!
sawashi045.JPG

試飲はセルフサービス。
でも汚ならしいオッサンたちの団体に試飲コーナーが占拠されていて飲めやしない。
オマエだって汚ならしいオッサンだろ。
sawashi046.JPG

しかたがないので、有料(100円)の地ビールをいただきました。
すっきりしているのに香ばしいビールでした。
sawashi047.JPG

そして最後は、舞姫さん。
sawashi048.JPG
sawashi050.JPG

隣の蔵は、明治後期のものだそうです。
sawashi049.JPG

カップ酒は販売されていなかったので、普通酒の300ml瓶をGET!
sawashi051.JPG

試飲もさせていただきました。
このほかにも2種類ほどいただきましたが、ここもオッサンの団体に占拠されていたので撮影は遠慮いたしました。
sawashi052.JPG

最後に立ち寄ったスーパーで、御園竹の生酒缶をGET!
sawashi053.JPG


茅野駅から上諏訪駅まで歩いた時間は、4時間15分。
でも楽しかったから、あっちゅう間でしたわ。
sawashi054.JPG

上諏訪駅の売店で、高島城なる生貯をGET!
sawashi055.JPG

上諏訪駅からは、中央東線の14:32発松本行普通電車1541Mに乗車。
sawashi056.JPG

1541Mを塩尻駅で降りて、特急しなの13号長野行に乗り換え。
sawashi057.JPG

あーダメ人間だダメ人間だ!
特急に乗ると必ず飲み始めるダメ人間だ!!
しかも車内販売がないことを知っていて上諏訪駅で買って用意していたダメ人間だ!!!
sawashi058.JPG

途中、日本三大車窓の一つである善光寺平をながめつつ、
sawashi059.JPG

しなの13号に終点まで乗って、長野駅(長野県長野市)で下車。
sawashi060.JPG
sawashi061.JPG


本日の酒集めはこれでおしまい。
ホテルにチェックインしたのち、長野駅の対面に店を構えるそば屋“油や”さんへ。
sawashi062.JPG

あー助かった助かった!
sawashi063.JPG

グラスビールとお通しの棒棒鶏。
ゴマの風味ほんのりで、やさしい味わいの棒棒鶏でした。
sawashi064.JPG

いろいろと迷った挙句、頼んだのは玉ねぎスライス。
玉ねぎの風味が豊かなのに、辛みゼロ!
ポン酢もまろやかでまいう~!
sawashi065.JPG

ビールをさっさと空けて、御園竹の燗酒(小)。
甘い香りふんわりで、米のうまみしっかりでスッと引くおいしいお酒。
sawashi066.JPG

そして舞茸の天ぷら。
sawashi067.JPG

これうまいわ~!
外側カリッで、中がシャクッ!!
舞茸の風味が口から鼻へと抜けて行きやがるぜ!!
sawashi68.JPG

〆はとろろかけそば。
sawashi069.JPG

もしかして十割?
久しぶりにおいしいそばをいただきました。
sawashi070.JPG

こんだけ飲み食いしておいて、お値段たったのこれだけ。
sawashi071.JPG

油やさん、堪能させていただきました。
まだ気になるメニューがいくつかあったので、必ずまた来ます。
sawashi072.JPG

こうして、長野の夜は更けていったのでした。






★☆2019年9月29日(日)★☆


予報では、雨だとよ。
まだ降ってはいないものの、この様子じゃ当たりそうだなこりゃ。
sawashi073.JPG

この日のはじまりは、長野電鉄の長野駅から。
sawashi074.JPG

長野電鉄は、JR東日本の週末パスで乗車できるのです。
sawashi075.JPG

まずは、6:15発の信州中野行普通電車に乗りますよ。
sawashi076.JPG

乗車するのは、8500系。
かつて東急田園都市線(新玉川線)で走っていた車両です。
sawashi077.JPG

昭和50年製ということは、初期の製造分ですね。
というかこれ、廃車になった新OSカーよりも古いじゃないか!
sawashi078.JPG

ローレル賞のエンブレムもそのままでした。
sawashi079.JPG

信州中野行は、比較的平坦な線路を走って行きました。
sawashi080.JPG
sawashi081.JPG

終点の信州中野駅にて、湯田中行の普通電車に乗り換え。
sawashi082.JPG

乗り換えたのは、3500系。
かつて営団地下鉄日比谷線で走っていた営団3000系の生き残りですよ。
sawashi083.JPG

車内の雰囲気はほぼ当時のまま。
座席端の、クネッとした手すりのあしらいがなつかしい!
sawashi084.JPG

扇風機もそのまま。
sawashi085.JPG

よく見ると、帝都高速度交通営団の団章が残っているじゃあ~りませんか!
sawashi086.JPG

信州中野駅までとは打って変わって、湯田中行は連続する勾配(坂)を登って行きます。
sawashi087.JPG

30パーミル、40パーミルは当たり前!
(パーミル(‰)は千分率:1,000m進むと30m/40m上がる角度)
sawashi088.JPG
sawashi089.JPG
sawashi090.JPG
sawashi091.JPG

最後の40パーミル坂を登り切ると、そこは終点の湯田中駅(長野県山ノ内町)。
sawashi092.JPG
sawashi093.JPG
sawashi094.JPG
sawashi095.JPG

現在の駅舎の反対側には、旧駅舎が保存されておりました。
sawashi096.JPG

駅前のローソンで、玉村本店さんの縁喜(えんぎ)カップ2種類を発見!
でも、な~んかいや~な予感がするぜ。
sawashi097.JPG

湯田中は、温泉の街。
sawashi098.JPG

夜間瀬川を望む。
ここも川風が気持ちいい。
sawashi099.JPG

対岸には、渋温泉の温泉街がありました。
sawashi100.JPG

旅館だけではなく、共同浴場もありましたよ。
地元の人のための施設かな?
sawashi101.JPG

そういえば、今日の予報では雨だったはず。
sawashi102.JPG

湯田中駅から歩いてやってきたのは、道の駅北信州やまのうち。
sawashi103.JPG
sawashi104.JPG

予想通り、道の駅北信州やまのうちでの成果はゼロ!
だって、さっきローソンで全部買っちまったんだもん。


道の駅北信州やまのうちから歩いて、湯田中駅へ戻ってまいりました。
9:17発の信州中野行普通電車に乗って、今朝登ってきた坂を下って行きます。
(方向幕が変わる前に撮影しちゃってごめんねごめんね~!)
sawashi105.JPG
sawashi106.JPG

信州中野行に3駅乗って、中野松川駅(長野県中野市)にて下車。
よく見ると、平らなのはホームがある所だけで、その前後は勾配なのね。
sawashi107.JPG
sawashi108.JPG
sawashi109.JPG

中野松川駅の隣にあった四種踏切(警報機なし・遮断機なし)。
sawashi110.JPG

その踏切の上より、中野松川駅のホームを眺める酔っぱらい。
sawashi111.JPG

車の通りが多い道を歩いていても、やっぱり風が清々しいね。
sawashi112.JPG

中野の街での成果はこちら。
sawashi113.JPG

縁喜(右)は、本醸造カップを見つけてGET!
sawashi114.JPG

水尾は飯山のお酒。
sawashi115.JPG

Dr.スランプアラレちゃんかよ!
sawashi116.JPG

雨が降る気配はゼロ!
これはきっと、昨日参拝した大年社の神様のおかげですぞ。
sawashi117.JPG

天領誉酒造さんの蔵がありましたよ。
sawashi118.JPG

ヤラレタ!
sawashi119.JPG

最後に立ち寄った西友で、川中島の桂正宗をGET!
sawashi120.JPG

あたしゃ西友はどこの店も同じお酒ばかり置いているものと思っておりましたが、ここ長野県では事情が異なるようですわ。
地酒をたくさん取り揃えていて、しかもカップ酒や一合瓶、300ml瓶の取扱も豊富なのですよ。
もしかしたら長野県だけは仕入のルートが異なるのかな?


中野松川駅から3時間半かけてあるいて、信州中野駅へとたどり着きました。
sawashi121.JPG

この時点で、次の電車の発車時刻(12:20)まで30分を切っておりました。
昼食を買って食べたかったのですが、駅の周辺にはコンビニやスーパーが一軒もありゃしない!
レストランはあったのですが、30分弱じゃ落ち着いて食べられないし、それに出てくるまでにどれだけ時間がかかるかわかりゃしないから入れません。

駅の反対側にまわってみても、この有様。
あーあ、完全に下調べのミスだなこりゃ。
sawashi122.JPG

駅の売店で扱っているのは土産物だけ。
sawashi123.JPG

実はこの後、小布施駅で下車して道の駅を訪問する予定でした。
しかしその道の駅は小布施駅から少し離れた場所にあるのみならず、小布施駅で滞在できる時間が2時間を切っていたのでした。
それ故に、ここ信州中野駅で腹に食べ物を入れて、そのエネルギーを使って小布施駅から道の駅までを一気に往復したかったのですよ。

え、なんだって?
腹が減っていても頑張って歩けばいいじゃないか!、って?

そりゃね、頑張ればたどり着けるかもしれないでしょうよ。
でもね、あたしゃかつて空腹のまま徘徊していわゆる“シャリバテ”に罹った経験があるものですから、今回もそれを危惧していたのでした。

それをふまえて決断。
小布施駅での下車は取り止め!
というか、今回の徘徊はこれでおしまい!

そこで、信州中野駅から12:20発の長野行普通電車に乗って、今朝来た道を引き返したのでした。
sawashi124.JPG

徘徊をやめたからにゃ、そりゃ飲まなきゃやっていられません罠。
というか、東急8500系の車内で缶ビールを飲むことになるとは、東急線を走っていた頃には決して思わなかったぜ。
sawashi125.JPG

そうそう、
ビールを買った酒屋さんで、志賀泉のお燗瓶を見つけてGETしておりました。
sawashi126.JPG

小布施は通過!
気が向いたらまた来るぜ。
sawashi127.JPG


長野行普通電車に終点まで乗って、長野駅にて下車。
腹へったな。
sawashi128.JPG
sawashi129.JPG

改札を出たところで、駅そばを発見!
あー助かった助かった。
sawashi130.JPG

かけそばをいただきました。
しかも“一万円札お断り”だったのに注文してから財布の中を見たら一万円札しかなくて、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
sawashi131.JPG

JR長野駅の駅ビル“MI DO RI”。
sawashi132.JPG

酒コーナーを除いてみたところ、カップ酒をいくつか発見。
でも古いものばかりで(“考慮すべき特段の事由なき限り、当月または先月製造分のもののみ入手する”という、当方が独自に定めた基準に基づく評価です)、入手したのは結局これだけ。
sawashi133.JPG


新幹線の発車時刻まで余裕があったことから、打ち上げをすべく、駅前の“油や”さんへ。
ああそうだよ、昨日の夜も来た店だよ!
なんか文句あるか?
sawashi134.JPG

グラスビールに、お通しはメンマ。
昨日の棒棒鶏と同じくやさしいお味。
sawashi135.JPG

冷やしトマト!
昨日、食べてみたいと心の底から思ったものの断念した一品でした。
sawashi136.JPG

トマトの身がぎっしりでまいう~!
あまり甘くないのも、酒のつまみとしてはうれしいところでした。
sawashi137.JPG

ビールをさっさと空けて、御園竹の燗酒へ。
sawashi138.JPG

これも昨日食べたかった野沢菜。
これで290円!
どえりゃあこと盛ったるがね!(うれしい悲鳴)
sawashi139.JPG

燗酒の次は、“黒姫乃花”なるそば焼酎に手を出してみましたよ。
sawashi140.JPG

そのそば焼酎を、そば湯割りでいただきました。
そばの香り満載でものすごくまいう~!
sawashi141.JPG

野沢菜がすすむことすすむこと!
でもなかなか減らないこと減らないこと!(うれしい悲鳴)
sawashi142.JPG

最後は、これも香り高いほうじ茶で〆。
sawashi143.JPG

これだけ飲み食いして、お値段たったのこれだけ。
そばを食べていたとしても3,000円に達しないなんてどんだけ~!
sawashi144.JPG

いつか長野を再訪する際には、また立ち寄らせていただきますよ!
sawashi145.JPG


お腹も心も満たされたところで、JR長野駅から北陸新幹線の16:23発あさま626号東京行に乗って帰ったとさ。
sawashi146.JPG

新幹線に乗ったとたん、窓には雨が。
あ~こわいこわい!
今年は運が良すぎるぜ。
sawashi150.JPG

以上、カップ酒16個、一合瓶3本、300ml瓶4本の旅でした。

もし小布施に行っていたら、もっと増えていたかもしれません。
でも、行かなかったからこそ、これで長野を再訪する楽しみが残ったわけでございますですぞ!

もちろんその時には、また油やさんで一杯やらせてもらおうと思う、吉宗であった。
nice!(29)  コメント(14) 

【お酒】1664.こうづる カップ [13.東京都の酒]

9782.JPG
加工者 合名会社野口酒造店
東京都府中市宮西町4-2-1
加工所 東京都府中市寿町2-4-8

アルコール分15度以上16度未満
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)醸造アルコール
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




府中市は大國魂神社の近くで國府鶴(国府鶴:こうづる)を造る野口酒造店さん。
2019091430.JPG
2019091432.JPG

“加工者/加工所”という表記に出会ったのは、あたしゃこれが初めてでした。
9783.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
9784.JPG

お酒の色はかすかに着いていて、透き通っておりました。
9785.JPG


燗をつけると、酒臭い(ほめ言葉です)香りがフワッと漂ってまいりました。

うまみは淡めです。
酒臭さ(あくまでもほめ言葉です)をほんのりと感じる程度ですが、それとともに後味にクドさを少し感じます。
また、軽い苦みを少し感じます。
キレはとてもよく、透明感をバッチリと感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感は少しはっきりしていて、かすかにピリッとくるみたいです。

甘みはややひかえめです。
弱めですが、クドさとべとつきとを少し感じます。


淡麗ちょい苦ちょいクドやや辛口のお酒でした。
弱めではあったものの、味のクドさと甘みのべとつきとを感じました。
それでもしつこさはなく、キレがよくて透明感をバッチリと感じたのは、アル添の効果でしょうか?
これはあくまでも私の感想ですが、あたかも三増酒のような風味を多めのアル添で緩和しているかのように感じましたとさ。

くどいようですが、あくまでも私の感想ですけれどね。
nice!(30)  コメント(0)