So-net無料ブログ作成
21.岐阜県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1688.母情 金印 奥美濃カップ [21.岐阜県の酒]

10132.JPG10133.JPG
平野醸造合資会社
岐阜県郡上郡大和町徳永164

原材料名 米・米こうじ・醸造アルコール・糖類
アルコール分 15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、フタより転記)




“飛山濃水”という言葉で形容される岐阜県の地勢。
その“濃水”のほう、すなわち木曽川・長良川・揖斐川によってもたらされる水の恵みが豊かな美濃地方。
今日はその美濃地方の最北端に位置する郡上市に蔵を置く平野醸造さんの“母情”をいただきます。
(郡上郡大和町は、平成の合併で郡上市に編入されているみたいです。)
10134.JPG


“金印(きんじるし)”の小印が付けられておりました。
かつての級別制度下における二級酒相当でしょうか?
10135.JPG

カップには、郡上踊りがデザインされておりました。
10136.JPG10137.JPG10138.JPG

そんな“慕情”ですが、残念ながら糖類添加の三増酒でした。
しかし、酸味料の表示はありませんでした。
10139.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は淡い金色で、透明感がありました。
10140.JPG


ああ、なるほどな。

上立ち香がかすかにありますね。
甘い香りです。

うまみはやや濃いめです。
あくまでも私の感想ですが、クドさというか、画一的な風味をちょっと感じますよ。
渋みがあってはっきりしており、鋭さも少し感じます。
また、妙な香ばしさも少し感じますよ。
キレはそれほどでもないみたいですが、透明感を少し感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感は少しはっきりしています。
ピリピリ感はありません。

甘みははっきりしています。
べとつきますね。


やや濃醇で渋ちょいスー甘口のお酒でした。
酸味料は使用されていないはずですが、あたかもそれを用いたお酒のような風味を、私は感じました。
それに渋みや甘みのべとつきが、私にはしつこく感じました。
それでも飲めたのは、アル添が効いていて酒質を和らげてくれていたからでしょうか?

それにこれも私の感想ですが、なんか今日は回りが速いわ。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1671.明智天海 純米酒 300ml [21.岐阜県の酒]

9849.JPG9850.JPG
林酒造株式会社
岐阜県可児市羽崎1418

原材料名|米(国産米) 米麹(国産米使用)
アルコール度 15度
精米歩合 60%
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




林酒造さんのお酒は、かつて明智光秀 本醸造 300mlをいただいております。

今日いただくこのお酒は、その本醸造とセットで販売されていた純米酒でした。
9699.JPG
9851.JPG9852.JPG


“明智天海”という酒銘について、ラベルに解説がございました。
ロマンチシズムだねぇ~!
9853.JPG


純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
9854.JPG


燗をつけると、重めの香りが立ってまいりました。

うまみは意外にもやや淡めです。
ですが、最初に重さとともに、香ばしいような独特の風味が来ます。
米のうまみも感じますが、弱めです。
苦みも少しはっきりしています。
熟瀬感はないみたいです。
純米酒ですがキレはよく、スッと引いて行きます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはかなり弱めです。
ただ、アル添酒みたいなスースー感が少しあって、しかもちょいピリです。

甘みはひかえめです。
かなり弱めでしょう。


やや淡麗でちょい重ちょい苦ちょいスーちょいピリ辛口のお酒でした。
飲む前から予想はしておりましたが、本醸造と同じような重さやクセ、苦みがありました。
しかし、こちらの方が淡いせいか、本醸造よりも軽めに感じました。
それでも私としては、飲みにくさを感じてしまいました。




このお酒に合わせるために考えたおつまみはこちら。

豚ロース肉。
9855.JPG

細切りにして、塩コショウで下味をつけておきます。
9856.JPG

合わせた野菜はこちら。
これらもすべて細切りにします。
9857.JPG

調味料は、愛知県の赤味噌。
赤味噌の深みで、お酒の重さやクセに対抗しようという算段です。
9858.JPG

肉野菜炒め(赤味噌味)の出来上がり。
9859.JPG

これはまちがいない!
お酒の重さやクセと渡り合えるおつまみでございましたとさ。
9860.JPG
nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1668.飛騨蓬莱 蔵元の隠し酒 吟醸酒 アルミ缶 [21.岐阜県の酒]

9828.JPG
有限会社渡辺酒造店
岐阜県飛騨市古川町壱之町7-7

原料米:岐阜県産ひだほまれ使用
アルコール分:15度
精米歩合:55%
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
内容量:180ml
(以上、缶の印刷事項より転記)




渡辺酒造店さんのお酒は、かつて飛騨のどぶ カップ蓬莱 上撰 カップとをいただいております。
いずれも飛騨ではなくて思いがけない場所で出会って入手したものでしたが、今日いただくこのアルミ缶も東京都内を徘徊していた際に府中駅の地下にあったスーパーで見つけたものでした。

今日いただくこのお酒は、“岐阜県産ひだほまれ”を用いたというアル添吟醸酒でした。
9830.JPG
9829.JPG

“とっておきの辛口”なんだってさ。
9831.JPG


吟醸酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっておりました。
9832.JPG


上立ち香、鼻を近づけるとかすかにわかります。
口に含むと、フルーティーな香りが弱めながらにふんわりと感じます。

うまみは濃くはないですね。
米のうまみは広がらず、舌の上をピンと突いてくるみたいです。
熟成感が弱めながらにあって、穏やかで角を感じません。
苦みや雑味はなく、キレがよくて透明感を少し感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さを感じます。
スースー感がかすかにあって、ピリピリ感も然りです。

甘みはややひかえめ、いや、ややはっきりだなこりゃ。
弱めで、べとつきはゼロでさらっとしておりますが、甘み自体に厚みを感じます。


ちょい枯ちょいすっぱちょいさらり旨口のおいしいお酒でした。
香りはありましたが弱めで、食事の邪魔をしない程度でした。
“とっておきの辛口”と銘打たれておりましたが、私といたしましては甘みを弱めながらにはっきりと感じました。
米のうまみや酸味が鋭くてキリッと引き締まっていたことから、それ故に“とっておきの辛口”なのかもしれません。
一方で、うまみの要素がはっきりしているのに雑味が一切なく、キレよく仕上がっているところが、吟醸酒、すなわち「吟味して製造した清酒」(※1)たる所以でしょうか?


(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年11月22日国税庁告示第8号)1
nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1667.御代櫻 冷酒 300ml [21.岐阜県の酒]

9819.JPG9820.JPG
御代桜醸造株式会社
岐阜県美濃加茂市大田本町3-2-9

アルコール分14度
原材料名/米・米こうじ 醸造アルコール
国産米100%使用
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




御代桜醸造さんのお酒は、このブログの草創期に御代櫻のパンダカップと、純米パンダカップとをいただいております。
9821.JPG

こちらひさびさの御代櫻は、“冷酒”と銘打たれた普通酒でした。
9822.JPG


冷酒とのことですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、透明でした。
9823.JPG


フレッシュな風味が少しあることがわかります。
フルーティーさもかすかに感じるかも。

うまみは淡めです。
それでも米のうまみをふんわりと感じます。
それとともに、酒臭さというか、独特の重い風味もちょっと感じます。
苦みもちょっとあって、これも弱めながらなに重さを感じます。
キレはよいですね。

酸味はややはっきりでしょうか。
すっぱさは弱めですが、鋭さを感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みはややはっきりかな。
べとついた感じはなく、幅もそれほどないものの、じんわりと感じる甘みです。


爽快淡麗ちょい重ちょい苦ちょいすっぱ旨やや甘口のおいしいお酒でした。
爽やか風味に淡麗でキレのよい舌ざわりが相俟って、口当たりはさっぱりしておりました。
一方で米のうまみをふんわりと感じるとともに、独特の重み、そしてわずかな苦みと酸味とが味を引き締めているようでした。
この重み・苦み・酸味があることでけっして飲みやすくはない味わいだと思いますが、私としてはそれ故に食事と合うおいしさを感じた次第でした。



今日のつまみはこちら。

うなぎ蒲焼の代わりにさんまの蒲焼缶を使った、うざくならぬ“さんざく”。
9824.JPG

冷蔵庫の残り物(茄子・椎茸・油揚)の味噌煮。
9825.JPG

ごちそうさまでした。
9826.JPG
nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1663.ありがと 感謝してま酒 180ml [21.岐阜県の酒]

9778.JPG9779.JPG
平和錦酒造株式会社
岐阜県加茂郡川辺町下麻生2121

原材料名 米・米こうじ(国産)醸造アルコール
アルコール分15度以上16度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




昨日に引き続き、今日も道の駅可児ッテにて入手したお酒をいただきます。

“ありがと 感謝してま酒”なんてダジャレのような名前ですが、どうやらプレゼント用として企画された商品のようですね。
と察したのも、袋に包みリボンを結んで販売されていたものですから。
201908015.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。
9780.JPG

お酒の色は、ごくかすかに着いていることがわかる程度でした。
9781.JPG


うまみは淡めですが、しっかりしています。
米のうまみが淡めなりにふんわりと舌の上に乗っかります。
酒臭さ(ほめ言葉です)はごくわずかで、熟成感はありません。
苦みや雑味はなく、キレもよいですね。

酸味ははっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さも感じます。
それにちょいスーで、ちょいピリです。

甘みはややひかえめです。
かなりさらっとしていて弱めですが、それでも幅のある甘みを感じます。
でも、酸味に負けていますね。


淡麗すっぱちょいスーちょいピリ旨やや辛口のおいしいお酒でした。
淡めなりにうまみが効いていて、飲み応えを感じました。
酸味に鋭さを感じましたが、食事と合わせるにはいい塩梅でした。
ちょいスーちょいピリから察するにアル添多めかと思いましたが、それでも透明感や薄っぺらさは感じませんでした。

これは完全に食中酒ですね。
濃い味の料理や、脂っぽい食べ物に合うと思いました。
nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1662.花美蔵 純米 300ml [21.岐阜県の酒]

9769.JPG9770.JPG
白扇酒造株式会社+Y1
岐阜県加茂郡川辺町中川辺28番地

低温貯蔵酒
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
アルコール分 14度以上15度未満
精米歩合 65%
保存方法 10度以下で保存
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




今日は、道の駅可児ッテ(岐阜県可児市)にて入手したお酒をいただきます。
201908013.JPG
201908014.JPG


生酒ではないものの、“低温貯蔵酒”だってさ。
しかも“保存方法”が要冷蔵ではなくて、“10度以下で保存”なんだとよ。
9771.JPG

あたしゃこれらの表示を完全に見落としておりましたので、今朝急遽冷蔵庫へ放り込んでおきました。
それ故、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9772.JPG


香りはないですね。
でも、フレッシュな風味をちょっと感じます。

うまみはやや淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
米のうまみが舌の上にピンと乗っかってくるようです。
吟醸酒でありがちな苦みをわずかに感じますが、雑味はありません。
純米ですが、キレがよいですね。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さを感じます。
それに、酸味自体に深みを少し感じますよ。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みは、ややはっきりでしょうか。
甘み自体に厚みを感じますが、べとついた感じやクドさはまったくありません。


やや淡麗でちょい爽快ちょいすっぱちょい深旨口のおいしいお酒でした。
フレッシュさを感じましたが、しつこくなくてちょうどよい感じでした。
やや淡めでしたが、米のうまみしっかりで、しかも酸味自体に深みを感じたことから、飲み応えがありました。
吟醸酒みたいな苦みがわずかにあったもののの、それも味の内でしょう。
雑味は一切感じませんでした。

これ、かなりうまいんじゃないの!
しっかりしているのにスイスイと行けてしまいましたよ。
“岐阜県に花美蔵あり!”
あたしゃ今後、そう声高に叫びたいと思いますよ。

燗でも試してみようかと思っておりましたが、無理でした。
だって、あっちゅう間だったんだも~ん。
9773.JPG




今日のおつまみ。

焼かなすの甘味噌かけ。
9774.JPG

大根のそぼろ煮。
9775.JPG

しょうゆの代わりに辛口の郡上みそで味をつけてみたところ、深みがあるのにキリッとしたおいしい味になりましたとさ。
9776.JPG

ごちそうさまでした。
9777.JPG
nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1654.明智光秀 本醸造 300ml [21.岐阜県の酒]

9701.JPG9702.JPG
林酒造株式会社
岐阜県可児市羽崎1418

原材料名|米(国産米) 米麹(国産米使用) 醸造アルコール
アルコール度 15度
精米歩合 60%
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)





 現在の岐阜県可児郡可児町(1982年より市制化:ブログ筆者追記)に長山と呼ばれれている高台があるが、明智一族のいた明智城はこの長山の中ほどにあった。
『明智軍記』は<土岐美濃守成頼の子頼兼が応永元年(一三九四)に築城した>と記しているが、成頼の子で明智郷に住み明智姓を名のった頼基(頼兼の兄)が鎌倉時代の末期に築城したのではないかともいわれる。
『濃飛両国通史』によると、弘治二年(一五五六)九月、斎藤道三の子義竜に攻められて落城、城主の明智光安入道は自刃、一族は離散したという。」(※1)

そんな明智一族ゆかりの地である岐阜県可児市に蔵を置くのが、林酒造さん。
201908020.JPG
201908019.JPG

今日はその林酒造さんが世に送りだした“明智天海・光秀”のセット商品から、本醸造の“明智光秀”をいただいてみることにいたしましたよ。
9699.JPG


明智一族で名代と言えばやはり明智光秀。
ラベルには、先ほど紹介した明智城が明智光秀の生誕地であると紹介されておりましたよ。
9700.JPG

でもね、水を差すようで恐縮ではございますが、「また、ここが明智光秀の生地だとする説もあるが、それを裏づける確かな資料はない。」(※2)んだってさ。


野暮なことを言うのはこのくらいにしておいて、いただいてみましょう。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。
9703.JPG9704.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9705.JPG


うまみは濃くはないですが、どっしりとしていますね。
酒臭さ(ほめ言葉です)がしっかりしていて、クセのような重い風味も感じます。
米のうまみがその後にかすかに感じます。
苦みがあって、強くはないものの鋭いですね。
キレはとてもよく、スッと引いて透明感を少し感じます。

酸味はややはっきりでしょう。
すっぱさが少し強めで、これも鋭さを少し感じます。
スースー感も少しあって、かつちょいピリです。

甘みはややひかえめです。
ゼロではないものの、弱めです。


ちょい苦ちょい重ちょいスーちょいピリ軽やや辛口のお酒でした。
味わいはしっかりしていて重めですが、キレがよくて後味には軽さを感じました。
これはもしかしたらアル添の効果でしょうか?
それでも苦みやちょいピリを感じたことから、飲みやすくはないと思いました。

これはもしかしたら、明智光秀の性格そのものを表現しているのではないでしょうか?
落城の憂き目に遭いながらも信長の下で再起を果たした才覚と頭のキレのよさ。
そして、それでも信念を曲げることなく信長に刃向かった信念の頑固さ。

考え過ぎか。
でも、お酒の味はともかく、そんな明智光秀、あたしゃ好きだな。
なにせ判官贔屓なものですから。






きょうのおつまみ。

出汁巻き卵(ねぎ入り)。
巻き方が雑だったな。
9706.JPG

豚ロース肉の甘辛炒め。
これは合いました。
9707.JPG

ごちそうさまでした。

(※1)早乙女貢『明智光秀 物語と史蹟をたずねて』p.16-17(1996.2 成美文庫M-35)
(※2)(※1)p.17
nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1539.美濃紅梅 秘蔵古酒 2003年醸造 300ml【追記あり】 [21.岐阜県の酒]

8022.JPG8023.JPG
武内合資会社
岐阜県大垣市伝馬町一番地

原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造用アルコール
アルコール分/19%
精米歩合/60%
内容量 300ml
(以上、ラベルより転記)




今日は、岐阜の髙島屋で入手した、“秘蔵古酒”なるお酒をいただいてみたいと思います。
ですが造っているのは、大垣市の街中に蔵を構える蔵元さんでした。
8024.JPG

西を養老山地に、そして東を揖斐川にと挟まれている大垣の街ってのはね、湧水がとても豊富な場所なのです。
今はどうかはわかりませんが、私が子どもだった昭和50年代には、市内を流れる川はどれもみなきれいで、しかも各家庭ごとに自前の井戸を保有していて、蛇口をひねれば井戸水が出てくるほどだったのでした。

そんな大垣で造られたのお酒ですが、2003年に醸造され(て今日まで熟成され?)た古酒なのだとか。
しかもアルコール度数が19度ですから、おそらく原酒なのでしょう。
ただし、特定名称は付されておりませんでした。
8025.JPG

【2019/03/18追記】お値段は、なんと1,000円(税抜)でしたよ。
8033.JPG

ついとーる!
ついとーる!
勲章がいっぱいついとーる!
(マメシバ一郎より)
8026.JPG8027.JPG


古酒で原酒ということは、燗にすると味わいに角が出る恐れが少なからずあると思います。
そこでまずは、冷や(常温)でいただいてみたいと思います。

お酒の色は少し着いている程度で、それほど濃くはありませんでした。
8028.JPG


一口含むと、最初に酸味が来ますね。
すっぱさがやや強めで、鋭さも少しあるみたいです。

うまみは意外にも濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみがあって、幅を感じます。
苦みや雑味はありません。
それにこれも意外ですが、熟成感はほとんど感じませんでしたよ。

甘みはややひかえめかな。
それでもその存在はわかるし、幅のある甘みであることも感じます。


ちょいすっぱ旨口のおいしいお酒でした。
酸味が特徴的で、鋭さがあるものの角はありませんでした。

2003年醸造の古酒とのことで熟成感があってどっしりと重いのかと勝手に思っておりましたが、見当違いでした。
むしろ古酒だと言われないとわからないくらい、クセがなくて軽さを感じるお酒でしたよ。

私は、大根の酢漬け(山椒ふりかけ)や、
8030.JPG

菜の花のおひたしとあわせましたが、いずれもおいしくいただくことができました。
8029.JPG



次に、燗でいただいてみましたよ。
8031.JPG

燗をつけると、香りがふわっと漂ってまいりましたよ。
酒臭いというよりも、深みのある香りです。

味の基本は冷や(常温)と変わりません。
でも、燗のほうが味わいに深みが出ますね。
角やしつこさを感じない、さりげない深みです。
しかも苦みや雑味は出ませんよ。
甘みは少し引くみたいです。

燗に合わせたのは、牛肉の煮込み。
燗酒の深みが、肉の味とみそのコクとによく合いましたよ。
8032.JPG



★☆★☆まとめ★☆★☆

冷や(常温)も燗もいずれも酸味がほどよく効いていて、おいしくいただくことができました。
ただ、
さっぱりいただきたければ冷や(常温)で、
深みを楽しみたければ燗で、
といったところでしょうか。

実はワタクシは、大垣の街には子どものころから少なからず縁があったのでした。
それ故に、大垣の水が使われている(と思われる)このお酒には、魂のレベルでおいしさというか、懐かしさを感じてしまい、いただきながらセンチメンタルになっていたのかもしれません。
nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1470.天領 カップ [21.岐阜県の酒]

7453.JPG7454.JPG
天領酒造株式会社
岐阜県下呂市萩原町萩原1289の1
(フタより転記)

アルコール分15度
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール
内容量180ml
(ラベルより転記)




飛騨特産の「ひだほまれ」を100%使用したお酒なんだってさ。
7455.JPG

ひだほまれは1981年に岐阜県で育成された酒米で、「ひだみのりの耐冷性の弱さ、心白発現率の低さを克服した,岐阜県の高山地方に適する品種」(※1)なのだとか。
でも、「大粒で心白発現が良く酒造適性が高いが、心白が大きくて高精白に向かない。」(※1)んだってさ。
それまで普及していた品種の心白発現率の低さをせっかく克服したと思ったら、今度は発現しすぎで高精白に向かないなんて、なんともまあ皮肉なものですね。

そのひだほまれが高精白に向かないからでしょうか、このお酒は(比較的低精白かと思われる)普通酒でした。
7456.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でしたが、透き通った感じはありませんでした。
7457.JPG


うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
酒臭さはほとんどなく、やわらかいうまみをほんのりと感じる程度です。
一方で苦みが少しはっきりしていて、鋭さを感じます。
キレはよいですね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはかなり弱めです。
ですがアルコール由来と思われるさわやかさというかスースー感ははっきりしています。
それにちょいピリですね。

甘みはややはっきりしています。
厚みを感じるものの、べとついた感じはまったくなく、しかもかなりさらっとしています。


淡麗ちょい苦ちょいスースーちょいピリやや甘口のおいしいお酒でした。
味わいに少し角を感じるものの、それらのバランスはよいようでした。
飲みやすくはなく、しかも特徴もないようでしたが、その味わいは全体としてまとまっているようでした。

これはあたかもかつての松本電鉄モハ10形のように「特徴がないのが特徴」(コロタン文庫『私鉄全百科』より)といったところでしょうか?
でもこういうお酒って、食事と合わせやすくて、あたしゃ好きだな。

(※1)副島顕子『酒米ハンドブック 改訂版』p.68(2017.7 文一総合出版)
nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【お酒】1465.飛騨娘 カップ [21.岐阜県の酒]

7414.JPG7415.JPG7416.JPG
有限会社大坪酒造店
岐阜県飛騨市神岡町朝浦557番地

原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分15.0度以上16.0度未満
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




岐阜県飛騨市神岡町のお酒ですが、見つけた場所は美濃地方南部にある“道の駅月見の里南濃”でした。

話のネタがないことですので、さっさといただきます。
普通酒(糖添なし)ですので、今日もぬる燗でいただきます。
7417.JPG

お酒の色は少し着いていることがわかる程度で、かつ透き通った感じがしました。
7418.JPG


うまみはやや淡めでしょうか。
酒臭さ(←ほめ言葉です)ちょっと、それに熟成感もちょっとでしょうか。
ただ、渋みが少しはっきりしていて、鋭さと重さとを少し感じます。
キレはよく、透明感をはっきりと感じます。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
さわやかさというか、スースー感を少し感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりでしょうか。
べとついた感じはしないものの、厚みを少し感じます。


やや淡麗でちょい渋ちょい重やや甘口のお酒でした。
透明感とさわやかさとを感じましたが、これはもしかしたら添加されたアルコールに由来するものでしょうか?
また苦みや重さを少し感じましたが、しつこいほどではありませんでした。
もしかしたらこれはアル添の効果でしょうか?
ただ私としては、味わいに厚みや深みがほしいところでした。
nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 21.岐阜県の酒 ブログトップ