SSブログ
前の5件 | -

【お酒】1952.初孫 酒王 300ml [06.山形県の酒]

21873.JPG21874.JPG
製造者 東北銘醸株式会社
山形県酒田市十里塚字村東山125番地の3

アルコール分 15度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
300ml
(以上、ラベルより転記)




山形県は、歴史や文化、風土、気候などから、
日本海に面する庄内地方
秋田県と県境を構える内陸部最北部の最上(もがみ)地方
県庁所在地たる山形市を抱える村山地方
福島県や新潟県と県境を構える県南部の置賜(おきたま・おいたま)地方
の4つに分けることができます。
yamagata.JPG.png

今日いただくこの“初孫”は、庄内地方の酒田市に蔵を置く東北銘醸さんのお酒です。
21875.JPG

その東北銘醸さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
132.初孫 一徹生酛 純米酒 180ml
240.酒王 初孫 180ml
251.初孫 生酛純米本辛口 魔斬 300ml
261.初孫 マイカップ
262.初孫 生酛純米酒カップ
263.初孫 本醸造 本撰ニューカップ
305.特別本醸造 銀嶺初孫 300ml
376.初孫 吟醸 生酛造り 300ml
597.初孫 生酛純米吟醸 いなほ 300ml
926.初孫 本撰 本醸造 300ml
1486.初孫 は号仕込 本醸造 180ml
1724.初孫 魔斬 生酛純米本辛口 180ml

今日いただくこの“酒王”は、どうやら普通酒のようですね。
これは私の予想ですが、蔵元さんのWebsiteでも紹介されていないほどですから、もしかしたらかつての級別制度下における二級酒相当のお酒なのかもしれません。
21876.JPG

それでも地元では、初孫シリーズのうち最もお手軽にいただける商品としてきっと愛飲されていることでしょう。
特に庄内地方の海産物との相性は、バッチリなのかもしれません。


それでは、いただいてみたいと思います。
普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、無色透明でした。
21878.JPG


うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
やわらかいうまみが舌の上に薄い膜を張るようにフワッと乗っかってまいります。
苦みや雑味はまったく感じません。
酒臭さや熟成感もないですね。
キレはとてもよくてスッと引きますが、アル添酒にありがちな透明感はないですね。

酸味はややひかえめです。21885.JPG
すっぱさはかなり弱めですが、鋭さは一応わかります。
ただ、酸味自体に深みを少し感じるかな。
でもちょいスーで、かつちょいピリです。

甘みはややひかえめでしょう。
ゼロではないものの、弱めです。


淡麗ちょいスーちょいピリスッキリ旨やや辛口のおいしいお酒でした。
キレがよくて、ちょいスーでかなりスッキリしておりました。
しかも雑味がゼロで、とてもきれいな味わいでした。
それでいてけっしてスカスカではなく、やわらかいうまみが舌の上にふんわりと乗っかってくるようでした。
しかも酸味自体の深みも弱めながらに感じました。

これは海の物との相性がバッチリでしょう!



ということで、
そのスッキリした初孫酒王と合わせた今日のエサはこちら。


のらぼう菜。
既出でした。
21879.JPG

サッと茹でて、
21880.JPG

しょうゆ洗いし、
21881.JPG

水分を絞ったものがこちら。
21882.JPG

みりん、酒、酢を煮切り、味マルジュウ(だし醤油)とねりからしとを合わせたもの。
要するに、からし和えにしようという算段なのでした。
21883.JPG

しょうゆ洗いして水分を絞ったのらぼう菜を、からしだれに合わせて、
21884.JPG

のらぼう菜のからし和えのできあがり。
21885.JPG

青みがいい感じで、からしの辛みが爽やかでした。
21886.JPG

海のものは、いつものさば缶。
21887.JPG

さば缶で、さば缶の味噌煮を作ろうという魂胆なのでした。
この作り方は、斉藤辰夫さんがNHK『きょうの料理』で紹介なさっていた“さば缶とねぎのみそ煮”を参考にいたしました。

この料理には、いつもは名古屋の赤味噌を使うところ。
しかし今日は、広島の合わせ味噌を使用してみました。
21888.JPG
21889.JPG

合わせた野菜は、しいたけ、しょうが、ねぎ。
21890.JPG
21891.JPG

さば缶を、汁ごと鍋に開けて、
21892.JPG

酒、みりん、砂糖、味噌、水を加えたところへ、野菜を投入。
21893.JPG

フタをして、沸騰するまで弱火で煮て行きます。
21894.JPG
21895.JPG

沸騰したら、煮汁をさばにかけながら煮詰めます。
21896.JPG

ここからは、私のオリジナル。
いったん火を止めて、冷ますのです。
21897.JPG

冷ましたのちに再度加熱することで、さばや野菜に味がなじむのです。
21898.JPG

皿に盛り、山椒をかけて、出来上がり。
21899.JPG

さば缶に、味噌の香ばしさがなじんでおいしゅうございました。
もちろん、スッキリした初孫との相性はバッチリでしたよ。
21900.JPG


ごちそうさまでした。









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

黒猫のダンナにおかれましては、今日もいっぱい遊んでいただけましたとさ。
21877.jpg
(友情出演)

《焼酎》187.丹波篠山 山の芋焼酎 130ml [9928.兵庫県の焼酎]

21847.JPG
製造者 合資会社多胡本家酒造場
岡山県津山市楢69番地

販売者 田中正一商店
兵庫県篠山市味間新391-2

本格焼酎
原材料 山の芋(兵庫県篠山市産)・米(国産)・米麹(国産米)
アルコール分 25度
容量 130ml
(以上、ラベルより転記)




今日は、丹波篠山で採れた山の芋を使用して造られた“山の芋焼酎”をいただきます。
21848.JPG

製造者は、多胡本家酒造場さん。
“加茂五葉(かもいつは)”でおなじみの、岡山県津山市に蔵を置く蔵元さんでした。
21849.JPG

おいおい!
だったら、“兵庫県の焼酎”じゃなくて、“岡山県の焼酎だろ”!!

そうお思いの御仁もいらっしゃるかと存じます。

でもね、販売者(田中正一商店さん)のWebsiteによれば、「丹波篠山産の山の芋を使って醸造しました。田中正一商店のオリジナルブランドです。」とありました。
さらに田中正一商店さんでは、この“丹波篠山 山の芋焼酎”を登録商標になさっているのだとか。

ということは、おそらく多胡本家酒造場さんは田中正一商店さんから篠山で採れた山の芋の提供を受けて製造を委託されているだけであって、商品の企画立案は田中正一商店さんでなさっているのではないでしょうか?
それ故に、今回は“兵庫県の焼酎”という扱いにさせていただきました。



それでは、いただいてみたいと思います。

まずは生(き)、すなわちストレートでちょっとだけ。
21850.JPG

甘いね!
甘みがけっこうはっきりしておりますっよ。
芋の風味と思われるふっくら感はあるものの、かなり穏やかです。
重さゼロ、焦げ臭さもありません。
苦みや雑味も、華やかさもなければ、25度なのにピリピリ感すら感じませんよ。


これはお湯割りで薄めてしまうよりも、ロックでしょうよ!
ということで、残り全量をロックでいただきました。
21851.JPG

甘みはしっかりと残っております。
ロックで出がちな苦みがありますが、軽めです。
芋の風味らしいふっくら感はおだやかながらに効いておりますよ。
ロックにしても、重さや雑味は出ませんね。


“丹波篠山 山の芋焼酎”は、甘みがしっかりしていて、風味が上品なおいしい本格焼酎でした。

山の芋の風味と思われるふっくら感がかなり穏やかでしたが、じっくりと味わうとよくわかりました。
一方で重さや雑味がなく、華やかさすら感じることはありませんでした。
穏やかで繊細な風味を楽しむ、上品な本格焼酎でございました。
それでいて甘みがしっかりしていて、一層飲みやすく感じました。



その上品な本格焼酎に合わせた今日の下品なエサはこちら。

きゅうりを食べたかったので、
21854.JPG

桃屋の梅ごのみを煮切りみりんでのばしたもので、きゅうりを和えて、
21855.JPG

きゅうりの梅肉和えを作りました。
21856.JPG

午前中に作っておいたことから、味がしっかりしみておいしゅうございました。
21857.JPG

そしてもう一つ、
今日はどうしても牛肉を食べたかったので、安物を買ってまいりました。
21858.JPG

その安物、じゃなかった牛肉を、このくらいに切りました。
21859.JPG

合わせた野菜は、ピーマンと玉ねぎ。
21860.JPG

いずれもみじん切りにいたしました。
21861.JPG

調味料。
みりんと刺身醤油(奥)、
それにレモン汁に、にんにく(手前)。
刺身醤油にはうまみ成分が添加されているので、それを活用してやろうという魂胆なのでした。
21862.JPG

フライパンにオリーブオイルをひいて、
21863.JPG

火は中火。
21864.JPG

まずは肉を炒めます。
21865.JPG

肉に油が回ったら、ピーマンと玉ねぎ、にんにくを投入。
21866.JPG

火が通ったらみりんを入れて、煮詰めます。
21867.JPG

煮詰まったら、冷やごはんを投入。
21868.JPG

混ざったところで、刺身醤油。
真ん中へ焦がしながら入れると、醤油の香りが立つのです。
21869.JPG

そして最後にレモン汁を入れて混ぜれば、
21870.JPG

できあがり。
“佐世保レモンステーキ風牛肉炒飯”でございます。
21871.JPG

予想通り!
旨さわやかな、おいしい牛肉炒飯でございました。
21872.JPG


ごちそうさまでした。











★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

雨が降ってきたせいか、落ち着きがなかった今日の黒猫のダンナ。
21852.jpg

それでも遊んでいただけましたとさ。
21853.jpg
(友情出演)

【お酒】1951.浪漫の街 舞鶴 カップ [26.京都府の酒]

21842.JPG21843.JPG
醸造元 ハクレイ酒造株式会社
京都府宮津市字由良949

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
180mk詰
(以上、ラベルより転記)




ハクレイ酒造さんのお酒は、昨日までに以下のものをいただいております。
470.純米白嶺 カップ
1949.酒呑童子 山廃本醸造 大辛口 カップ
1950.日本三景 天の橋立 カップ

今日いただくこの“浪漫の街 舞鶴 カップ”も、天の橋立カップと同じく普通酒でした。
ということは、同じ中身なのでしょうか?
21844.JPG21845.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

あれ?

お酒の色は、少し茶色がかっていて、透き通っておりました。
21846.JPG


あれ?

うまみはやや淡めですぞ!
最初に熟成感が来て、枯れていて角を少し感じます。
酒臭さ(ほめ言葉です)はかなり弱めで、米のうまみはほとんどわからないくらいです。
渋みがあって、強くはないものの鋭さを感じます。
キレはよく、透明感がバッチリです。

酸味はひかえめです。
すっぱさはゼロですね。
ちょいスーですが、ピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりでしょう。
幅があって、ちょっとべとつくみたいです。


やや淡麗でちょい枯ちょい渋ちょいスーやや甘口のお酒でした。

天の橋立カップよりも枯れているようでした。
その分、うまみが引いて、渋みが目立つようでした。
酸味はほとんどなく、スースー感だけが目立ちました。
甘みには、べとつきを少し感じました。

天の橋立カップの中身とは別のお酒なのでしょうか?
それとも仕込みタンクのちがいによる個体差でしょうか?
いやいや、一番可能性が高いのは、私の舌がいいかげんなだけでしょう。

【お酒】1950.日本三景 天の橋立 カップ [26.京都府の酒]

21838.JPG21839.JPG
製造者 ハクレイ酒造株式会社
京都府宮津市字由良949

内容量 180ml
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分 15度
(以上、ラベルより転記)




ハクレイ酒造さんのお酒は、昨日までに以下のものをいただいております。
470.純米白嶺 カップ
1949.酒呑童子 山廃本醸造 大辛口 カップ

今日いただくこの天の橋立カップは、どうやら普通酒のようでした。
21840.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は少し着いていて、透き通った感じがいたしました。
21841.JPG


うまみはちょい濃いめでしょうね。
米のうまみが最初に来て、じんわりと広がります。
酒臭さ(ほめ言葉です)も弱めなりに広がるみたいです。
軽い渋みをほんの少し感じます。
熟成感はなく、雑味は感じません。
キレはとてもよく、透明感をちょっとだけ感じます。

酸味はひかえめでしょう。
すっぱさはほとんどわかりません。
ただちょいスーです。
ピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりでしょう。
さらりとしていますが、幅を少し感じます。


ちょい濃醇でちょい渋ちょいスー旨やや甘口のおいしいお酒でした。

米のうまみと酒臭さ(あくまでもほめ言葉です)とが効いていてしっかりしておりました。
でもキレがよく、後味はスッキリしておりました。
軽い渋みもいい感じに味を引き締めていて、そこで甘みがコクを添えておりました。

これはおいしいね。
それに嫌味がなくて飲みやすく感じましたよ。


今日はどうしてもフライを食べたかったので、ささみフライを買ってまいりました。
キレのよい天の橋立カップが油っぽさをサッと流してくれましたとさ。
IMG_3183.JPG

【お酒】1949.酒呑童子 山廃本醸造 大辛口 カップ [26.京都府の酒]

21818.JPG
製造者 ハクレイ酒造株式会社
京都府宮津市字由良949

内容量 180ml
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
精米歩合 酒母米・麹米60% 掛け米65%
アルコール分 15度
(以上、ラベルより転記)




ハクレイ酒造さんのお酒は、かつて470.純米白嶺 カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、山廃造り本醸造“大辛口”なんだってさ。
21819.JPG21820.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、わずかに茶色がかっておりました。
21822.JPG


うまみはちょい濃いめかな。
酒臭さ(ほめ言葉です)をじんわりと感じ、枯れた感じも少しあるみたいです。
でも、苦みや雑味はまったく感じません。
そしてキレはとてもよく、スッと引いて行きますよ。

酸味はややひかえめでしょう。
すっぱさはほとんど感じないくらいです。
ただ、酸味自体に深みを少し感じます。
ちょいスーですが、ピリピリ感はありません。

甘みは、あれ?
“大辛口”のはずなのに、ややはっきりですぞ!
べとついた感じはなく、かなりさらっとしているものの、甘み自体に幅があることがわかります。


ちょい濃醇でちょい深ちょいスースッキリ旨やや甘口のおいしいお酒でした。

山廃造りらしい深みがありましたが、穏やかでした。
しかも雑味がなく、キレイでした。
それにキレがよく、とてもスッキリしておりました。

アルコールの風味を少し感じたことから、それ故に大辛口だったのでしょうか?
でも私の舌では甘みを捕らえましたので、それを無視することはできず、やや甘口と評しました。

いずれにせよ、おいしいお酒でした。



そのやや甘口の“大辛口”と合わせた今日のエサはこちら。

さば缶。
なぜか不思議なことに、たまに食べたくなるのです。
21823.JPG

合わせる野菜は、玉ねぎときゅうり。
いつもはピーマンを使うのですが、バラ売りがなかったので、きゅうりで代用しました。
21824.JPG

そしてレモン!
さば缶には、まちがいなくレモンの風味が合うのです!
21825.JPG

玉ねぎはみじん切りにして、
21826.JPG

水にさらしておきます。
21827.JPG

きゅうりは熱湯にサッとくぐらせて、
(青臭さを抑えるため)
21828.JPG

二つに割って、種を取り除き、
(水っぽくなるのを防ぐため)
21829.JPG

これもみじん切り。
21830.JPG

オリーブオイルを入れたボウルに、砂糖(三温糖)、こしょう、オレガノ、マジックソルトを投入。
さば缶に塩気がついているので、塩そのものは入れません。
コクを出すためには、むしろ砂糖が重要だと思います。
21831.JPG

そこへ、レモンを搾って混ぜます。
21832.JPG

さらに水気を切った玉ねぎときゅうりとを投入して混ぜて、
21833.JPG

冷蔵庫に10分ほど置いておくと、味がなじんでまいります。
これでドレッシングの完成です。
21834.JPG

さば缶を、汁気を切って皿に開けて、
21835.JPG

ドレッシングをかけて、できあがり。
21836.JPG

さばのうまみにレモンの風味がバッチリ!
キレのよい“大辛口”ともよく合いましたとさ。
21837.JPG


ごちそうさまでした。

前の5件 | -