SSブログ
前の5件 | -

鹿児島県での焼酎集め:4回目 [旅]

 
このブログでは、過去に3度、鹿児島県を徘徊して焼酎を集めております。




1度めは、2018年2月のこと。
日南線に乗った際、終点の志布志駅の周辺を徘徊。

2度めは、2018年7月。
鹿児島市内を徘徊したあと指宿枕崎線に乗って枕崎まで行き、そこから鹿児島交通のバスで北上した薩摩地方での焼酎集め。

そして3度目は、2020年8月。
国分駅周辺を徘徊したのち、屋久島・種子島へと渡って、鹿児島市内へ戻って来た旅でした。




今回は、これらとは異なる場所を徘徊し、とある特異な焼酎を集めましたよ。

その顛末を、とくとご覧あれ!












★☆2022年5月14日(土)★☆


旅のはじまりは、
近所にあるバス停からバスに乗車。
202205naze001.JPG

雨降る高速道路を、バスは走って行きました。
202205naze002.JPG

やってきたのは、
成田空港第1ターミナル。
202205naze003.JPG

ここ成田空港からは、
Peachの奄美大島行MM541便に搭乗。
202205naze004.JPG
202205naze005.JPG
202205naze006.JPG

飛びます、飛びます!(坂上二郎さんより)
いいえ、もう飛んでいます。
202205naze007.JPG

飛行機に乗って雲の上に出ると、あたしゃいつも、
大親友だったごんちゃん(猫)がどこかにいるんじゃないかと思って探しちゃうのよね。
202205naze008.JPG

富士山の近くを飛んでいるはずなのですが、
202205naze009.JPG

な~んにも見えやしない。
202205naze010.JPG

あーダメ人間だダメ人間だ!
まだ午前中だというのに飛行機に乗ると飲むクセがすっかりついたアル中ハイマー型ダメ人間だ!
202205naze011.JPG

四国にさしかかると、
202205naze012.JPG

ようやくお姿を拝めるようになりました。
202205naze013.JPG

薩摩半島の先にあるのは、開聞岳。
202205naze014.JPG

そういえば、
かつて開聞岳の麓にある岡児ヶ水(おかちょがみず)の集落を徘徊したな。
202205naze015.JPG

成田空港からおよそ2時間半で、
奄美空港へ到着。
202205naze016.JPG
202205naze017.JPG

奄美空港では、焼酎たちがお出迎え。
202205naze018.JPG

空港の売店を物色し、
202205naze019.JPG
202205naze020.JPG

セットものや、
202205naze021.JPG

これらをGET!
202205naze022.JPG

13時を回り、腹が減った酔っぱらい。
食堂を探したところ、自民党御用達のJoyfullだってさ。
(カレースタンドは跡形もなくなっておりました。)
202205naze023.JPG

ベーコンピザをいただいたのですが、
202205naze024.JPG

冷凍のはずのピザが、815円もするのね。
インフレ誘導策かよ!
202205naze025.JPG

時刻は14時前でしたが、
202205naze026.JPG

次のバスは、14:45発。
202205naze027.JPG

ということで、
空港のロビーでビールを飲みながらバスを待ちましたよ。
202205naze028.JPG

奄美空港からは、市街地へ向かうバスに乗りました。
202205naze029.JPG

前面展望イェ~イ!ガキか!
202205naze030.JPG

太平洋が見えましたよ!
202205naze031.JPG

心はいつも、
太平洋ぜよ!(ナムコ「竜馬くん」より)
202205naze032.JPG

バスに50分ほど乗って、
小浜町バス停にて下車。
202205naze033.JPG

奇蹟だ!
梅雨入りしたのに、雨降ってない!
202205naze034.JPG

近くにあったイオンで、これらをGET!
202205naze035.JPG




あ、そうそう!

今回、オイラがどこへ何をしに来たか言っとくわ。





オイラが来たのは、
奄美市の、
202205naze036.JPG


名瀬(なぜ)!
202205naze037.JPG





27036.JPG






じゃなくて、

名瀬は、奄美大島で最大の街なのです。
奄美大島.jpg


そして、
奄美大島の焼酎といえば、
“黒糖焼酎!”

詳しくは上記リンク先で触れておりますが、
黒糖を原料とする黒糖焼酎は、
“先の戦争による食糧不足に起因して焼酎の原料に主として黒糖が用いられるようになり、それが戦後も継続し、かつ奄美群島の本土復帰に伴って『特例』として焼酎乙類に分類され続けている。”
ということですよ。

本来、黒糖を使用して蒸留酒を造ると、できたお酒はラム酒に分類され、ラム酒の税率が課されるのだとか。
しかし奄美群島では上記の事情があるので、米麴を使用することを条件としてラム酒ではなくて『焼酎』として製造することが可能となっているそうでよ。
だから黒糖を使用した『焼酎』を造ることができるのは、ここ奄美大島を中心とした奄美群島だけなのです。


今回は、
その黒糖焼酎を集めるために、ここ奄美大島の名瀬へとやってきたのでした。
202205naze038.JPG



喜界島の25度は既出ですが、せっかくなので入手しました。
202205naze039.JPG

とある酒屋さんで浜千鳥の詩を買ったら、喜界島の50ml瓶をいただいちゃいました!
202205naze040.JPG

夕方になったので、この日の徘徊は終了。
ホテルにチェックイン。
202205naze041.JPG

そして、屋仁川(やんご)通りへと繰り出したのでした。
202205naze042.JPG

途中で見つけた酒屋さんで、喜界島の荒濾過なるものを見つけてGET!
202205naze043.JPG

南国風の建物を発見!
202205naze044.JPG

その近くでは、ハイビスカスの花が咲いておりました。
202205naze045.JPG

この日私が選んだのは、
架空食堂kurauさん。
202205naze046.JPG
202205naze047.JPG

まずはビール。
202205naze048.JPG

自家製ピクルス。
202205naze049.JPG

酸味がさわやか!
202205naze050.JPG

ここで、黒糖焼酎“まんこい”。
熟成感と樽風味とが穏やかで、黒糖の香ばしさふんわり。
これはピクルスに合うね。
202205naze051.JPG

島豚“あかりんとん”を使用したソーセージ。
202205naze052.JPG

粗挽きで噛みごたえバッチリ!
しかもものすごくジューシー!!
202205naze054.JPG

まんこいがなくなったので、赤ワインと合わせてみました。
ワインなんて、普段はまったく飲まないのにね。
202205naze053.JPG

ルネッサ~ンス!(髭男爵より)
辛口で渋み少し。たしかに肉に合うね!
202205naze055.JPG

お通しのパン。
202205naze056.JPG

ソーセージから出た油に浸して食べると最高においしい!
202205naze057.JPG

ポテトもほっくりでおいしい!
202205naze058.JPG

ソーセージにマスタードをつけると、
肉のうまみとマスタードの酸味、赤ワインの渋味がものすごくいい感じに調和する!
202205naze059.JPG

赤ワインを飲み干して、
里の曙を水割りで。
黒糖の香ばしさが穏やかで、かつ厚みがあるね。
202205naze060.JPG

そして〆は、
地元産じゃがいもとブルーチーズのグラタン。
202205naze061.JPG

地元産のじゃがいもの味が濃い!
ブルーチーズのうまみや塩気、それに焦げ具合といい感じに調和している。
202205naze062.JPG

白ワインでルネッサ~ンス!(同上)
爽快辛口!、ブルーチーズの風味とバッチリでした。
202205naze063.JPG

あー、
なにもかもがおいしかった。
それにワインに目覚めちゃったかも。
202205naze064.JPG

架空食堂kurauさん、
堪能させていただきました。
202205naze065.JPG

屋仁川(やんご)通りを歩いて戻って、
202205naze066.JPG

地元資本のコンビニで、これらをGET。
202205naze067.JPG

こうして、
名瀬での初日は更けていったのでした。
202205naze068.JPG













★☆2022年5月15日(日)★☆


翌朝。


またしても奇蹟!
雨降っていなくてラッキー!
202205naze069.JPG

曇り空の下、AM08:15から徘徊を開始した酔っぱらい。
202205naze070.JPG

トンネルをくぐるのですが、
202205naze071.JPG

歩道があってよかったよかった!
202205naze072.JPG

トンネルを抜けたところにあったコンビニで、
里の曙の一合瓶を見つけてGET!
202205naze073.JPG

川沿いの道を北上したのですが、
202205naze074.JPG

川原の植生を眺めると、はじめて見る植物が!
202205naze075.JPG

フクギ。
これは沖縄で見たことがあります。
202205naze076.JPG

目的地が見えてまいりました。
202205naze077.JPG

ふと足元の川を見ると、
植生が消えて白い砂が。
汽水になったのかな?
202205naze078.JPG

細い道を抜けた先にあるのは、
202205naze079.JPG

朝仁海岸(あさにかいがん)
202205naze080.JPG

砂が真っ白!
オイラの家の近くにある東京湾とはぜんぜんちがう!
202205naze081.JPG

これは去年末に海底火山の噴火で流れてきた軽石かな?
202205naze082.JPG
202205naze083.JPG

あ、
ヨットだ!
202205naze084.JPG

戸塚ヨットスクールかな?
古っ!
202205naze085.JPG

どうやら干潮時だったらしく、
沖まで歩いていくことができました。
202205naze086.JPG

珊瑚がいっぱい落ちておりましたよ。
202205naze087.JPG
202205naze088.JPG

雲っているせいか、
碧い海を拝むことはできませんでした。
202205naze089.JPG
202205naze090.JPG

でもでもでも!
人生初の東シナ海にタッチ!
202205naze091.JPG

からの~!
朝仁海岸に乾杯!(午前9時ですけれど何か?)
202205naze092.JPG

朝仁海岸。
いつかまた来るぜよ!
202205naze93.JPG

スーパーの開店時刻となりましたので、
れんととじょうごとの前割りをGET!
202205naze94.JPG

朝仁バス停へ戻って、
202205naze95.JPG

名瀬の市街地へ向かうバスに乗車。
202205naze96.JPG
202205naze97.JPG

入舟町バス停にて下車。
202205naze98.JPG

入舟町バス停の近くにあったコンビニで、
黒糖焼酎“龍宮”のカップ酒(なんと20度)を見つけてGET!
さつま島美人は既出でした。
202205naze099.JPG

商店街がありました。
202205naze100.JPG
202205naze101.JPG

商店街にあったスーパーで、
奄美のお茶としょうゆ(甘口)とをGET!
202205naze102.JPG

コケコッコー!
チャボでした。
202205naze103.JPG

市街地を流れる永田川。
小川でしたが、水がきれいで、橋を渡ると涼しい!。
202205naze104.JPG

しかも名瀬の街は、山が近いのね。
その山から吹いてくる風がきもちいい!
202205naze105.JPG

地元の味噌屋さんで、
量り売りの味噌と、アマミノクロウサギ保護を謳う焼酎とを見つけてGET!
202205naze106.JPG

腹が減ったと思ったら、
午前11時。
202205naze107.JPG

瀬里奈さんへ吸い込まれて行きました。
202205naze108.JPG

まずはビール。
202205naze109.JPG

そして、
ビーフカレー。
202205naze110.JPG

地方へ来ると、付け合わせで出てくる野菜がいちいちいおいしいのよね。
202205naze111.JPG

カレーは深みと酸味とが効いていて、スパイスがおだやか。
うまいね!
202205naze112.JPG

ごちそうさまでした。
おいしかった!
202205naze113.JPG

お腹も心も満たされた酔っぱらい。
でも正に水を差すかの如く、雨が降ってきやがった!
202205naze114.JPG

傘をさして、ホテルへ戻ったのでした。
掃除なしの連泊プランだったので、チェックイン時刻の前でも戻ることができたのでした。
202205naze115.JPG

ホテルの部屋で、収集した焼酎を梱包した酔っぱらい。
フロントへ持って行って、自宅まで送ってもらったのでした。
焼酎を担いだままじゃ、帰りの飛行機で機内に持ち込めないでしょうからね。
202205naze116.JPG

あー、疲れた疲れた。
徘徊と梱包と発送とで疲れた体を、ビールで癒したのでした。
202205naze117.JPG

そうこうしていると、
雨が止んだじゃあ~りませんか!
202205naze119.JPG

川沿いの道を歩いて向かったのは、
202205naze120.JPG

髙千穂神社。
202205naze121.JPG

階段を上がって、
202205naze122.JPG

二の鳥居をくぐると、
202205naze123.JPG

そこには木々に囲まれた拝殿が。
二礼二拍手一礼。
たくさんの焼酎をありがとうございました。
202205naze124.JPG

高千穂神社へのお礼参りを終えて、
202205naze125.JPG

屋仁川(やんご)通りへと戻って来た酔っぱらい。
202205naze126.JPG

カフェを見つけて、
202205naze127.JPG

ビールを飲んでしばし休憩。
まだ飲むのかよ!
202205naze128.JPG

途中で立ち寄った酒屋さんで、初見の小瓶を見つけてGET!
202205naze129.JPG

再びホテルの部屋へ戻って、
相撲中継を見ながら過ごしたのでした。
202205naze130.JPG

夕方になり、
この日も屋仁川(やんご)通りへと繰り出した酔っぱらい。
202205naze131.JPG

この日は、
むちゃかなさんへ。
202205naze132.JPG

まずはオリオンビール。
店員のお姉さんと話していたせいで、撮影を忘れて飲んでしまいました。
ドスケベ!
202205naze133.JPG

お通し。
地鶏卵の茶碗蒸し。
202205naze134.JPG

卵の味が濃厚!
202205naze135.JPG

しまらっきょう塩漬け。
202205naze136.JPG

酢の味がしない塩漬けもおいしいね。
202205naze137.JPG

一人前の刺身。
202205naze138.JPG

刺身には焼酎でしょうよ!
ということで、浜千鳥の詩。
香りほんのり華やかですっきりしているけれど、コクがあるね。
202205naze139.JPG

お刺身は、どれもおいしい!
スーパーで買うやつとはぜんぜんちがう!
202205naze140.JPG
202205naze141.JPG
202205naze142.JPG

一番おどろいたのは、ソデイカ。
ロールイカにするほどの大型で大味のはずなのに、うまみしっかりでおいしい!
202205naze143.JPG

これは塩とレモンだな。
202205naze144.JPG

タコもおいしかった。
202205naze145.JPG

あーあ、
おいしくて、あっちゅう間や!
202205naze146.JPG

焼酎も空いたので、
昨日に引き続きまんこいを。
202205naze147.JPG

そして最後は、
沖永良部産きくらげの炒め物。
202205naze148.JPG

コリッコリ!
おいしいわ~!
202205naze149.JPG

最後の最後で、
浜千鳥の詩の原酒をいただいて。
202205naze150.JPG

あー、
なにもかもがうまかった!
202205naze151.JPG

むちゃかなさん、
ごちそうさまでした。
202205naze152.JPG

屋仁川(やんご)どおりを歩いて戻って、
202205naze154.JPG

立ち寄った地元資本のコンビニで、里の曙の原酒と長期熟成酒とをGETして、
202205naze153.JPG

こうして、
名瀬での2日目は更けて行ったのでした。
202205naze155.JPG













★☆2022年5月16日(月)★☆


最終日は、朝から雨。
202205naze156.JPG

ホテルをチェックアウトしたのち、昨日立ち寄ったカフェでバス待ちのビール。
朝からビールを出したことがない」と戸惑われてしまいました。
202205naze157.JPG

入舟町バス停から、奄美空港行バスに乗車。
202205naze158.JPG

前面展望イェ~イ!
最後までガキか!
202205naze159.JPG

奄美の海よ、
いつかまた来るぜ!
202205naze160.JPG

奄美空港に到着。
202205naze161.JPG

じょうごは既出ですが、再度購入。
私が人生で最初にいただいた黒糖焼酎を、初心に立ち返るために買いました。
202205naze162.JPG

時刻は11時過ぎ。
202205naze163.JPG

この日はJoyfullではなく、
名瀬で買ってきた軽食をつまみに、空港ロビーで独り宴会開始!
202205naze164.JPG

奄美大島に乾杯!
楽しませてくれてありがとう!
202205naze165.JPG

食後、
Peachの成田行MM542便に乗って、
202205naze166.JPG
202205naze167.JPG

ビールを飲みながら帰ったとさ。
202205naze168.JPG













★☆2022年5月18日(水)★☆


成果が無事到着。
めでたし、めでたし。
202205naze169.JPG

【お酒】2129.甘雨 純米酒 辛口 カップ [15.新潟県の酒]

27163.JPG27164.JPG
製造者 株式会社越後酒造場
新潟県新潟市北区葛塚3306-1

アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合 70%
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




昨日いただいた2128.甘雨 カップに引きつづき、今日も越後酒造場さんのお酒をいただきます。

今日いただくこのお酒は、精米歩合70%の辛口純米酒だってさ。
27165.JPG

なお、ラベルに描かれていたキャラクターの解説がありましたので、紹介しておきます。
27166.JPG



それではいただきます。
純米酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ごくかすか。
27167.JPG



うまみはやや濃いめ。
酒臭さ(ほめ言葉です)とともに、枯れた感じがします。
でも枯れ具合は穏やかで、角や粗さを感じません。
米のうまみは広がらず、舌の上を突く感じがします。
苦みが少しあるみたいです。
キレはまあまあかな。

酸味はややひかえめ。
すっぱさはわかるものの、弱めです。
ちょいスーで、かすかにピリです。

甘みはひかえめ。
存在はわかるものの、かなり弱めです。


やや濃醇でちょい枯ちょい苦ちょいスー旨辛口のおいしいお酒でした。

普通酒よりもうまみはっきり。
ちょい苦でしたが、ちょいスーがいい感じに和らげているようでした。
たしかに辛口でしたが、けっしてペラペラではありませんでした。
キレはそれほどでもなかったものの、ちょいスーが味のしつこさを回避させてくれているように思いました。

うまいね。
普通酒よりもうまいと思います。

【お酒】2128.甘雨 カップ [15.新潟県の酒]

27158.JPG
製造者 株式会社越後酒造場
新潟県新潟市北区葛塚3306の1

原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分 15度以上16度未満
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




甘雨(かんう)という名のこのお酒。

どうやら普通酒のようでした。
27159.JPG
27160.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ無色透明。
27161.JPG
27162.JPG



上立ち香はないものの、含むとアルコールの香りを少し感じます。

うまみは淡め。
枯れているものの、角や粗さは感じません。
米のうまみはかなり弱め。
それ故か、渋みが強くはないものの目立ちます。
キレはよく、透明感バッチリ。

酸味はひかえめ。
すっぱさはほとんど感じません。
ちょいスーで、かすかにピリです。

甘みはややはっきり。
さらりとしているものの、幅を感じます。


淡麗ちょい枯ちょい渋ちょいスー薄やや甘口のお酒でした。

アルコール香が少しあり、透明感バッチリでちょいスーということは、アルコールの添加量が多い(≒薄い)のかな?
それ故か、飲み応えはなく、むしろペラペラでした。


























★☆予告★☆





先週末は、出かけておりました。
202205naze010.JPG

景色を眺めながらビールを飲んだり、
202205naze028.JPG

南国調の建物や花やらを眺めたり、
202205naze044.JPG
202205naze045.JPG

海へ行って、
202205naze079.JPG

ここでもビールを飲んだり、
202205naze092.JPG

木々に囲まれた荘厳な雰囲気の神社に参拝したり、
202205naze124.JPG

ピンクな看板の通りにあるムフフな店を訪問したりしておりました。
27157.JPG


もちろん!
おいしいものもいっぱいいただきましたよ。
202205naze052.JPG
202205naze110.JPG
202205naze138.JPG





その顛末は、今週末に報告させていただきます。

明日から出かけてまいります [雑感]

 
 
明日からの3日間

(2022年5月14日(土)-16日(月))

は、

出かけてまいります。




それ故、

その間の更新はございません。




次回の更新は、


5月18日(水)


を予定しておきます。










これまでは、出かける前には、

PCR検査を受けておりましたが、


今回は抗原検査にしてみました。

(研究用ですが、なにか?)

27143.JPG


こっちはその場で結果がわかるからね。

(研究用ですが、なにか?)

27144.JPG



検出なし!

これで訪問先の皆様に迷惑をかけずにいられます。

(研究用ですが、なにか?)

27156.JPG














でもさ、、どうやら、

こちらひさびさの

[雨]だとよ。[雨]

51416weather.jpg









はたして酔っぱらいは、


雨を避けられるのか?


それとも、

どしゃ降りの中を徘徊するのか?









ごきげんよう!




























え?




どこへ行くのかって?

























27035.JPG



























え?






なぜ、言えへんのかって?












なぜ?













なぜ?













なぜ?




















27036.JPG









ごきげんよう!






























27037.jpg

(友情出演)

【お酒】2127.守門の雪 吟醸 にごり酒 カップ [15.新潟県の酒]

27150.JPG
製造者 玉川酒造株式会社
新潟県魚沼市須原1643

原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分18%
精米歩合60%
内容量180ml
(以上、ラベルより転記)




玉川酒造さんのお酒は、かなり前に829.玉風味(たまふうみ) 本醸造 カップをいただいております。

今日いただくこのお酒は、守門の雪(すもんのゆき)なる吟醸にごり酒。
27151.JPG
27152.JPG

滓の量は1割程度。
27154.JPG

アルコール度数が18度とやや高め。
原酒に近いのかな。
27153.JPG


それではいただきます。
にごり酒ですから、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに象牙色。
見た目にとろみはなく、かつうすにごりですね。
27155.JPG


上立ち香はなし。
含むとフレッシュな風味を少し感じます。

うまみは濃いめ。
米のうまみが厚めで、酒臭さ(ほめ言葉です)もちょっとあるみたい。
軽い苦みがあるものの、弱めです。
キレは、にごり酒にしてはよいほうでしょう。

酸味はややはっきり。
すっぱさが強くはないものの鋭さを少し感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みは意外にもややひかえめ。
存在はわかるものの、弱めです。


爽快濃醇ちょいすっぱ旨やや辛口のおいしいお酒でした。

濃いめでしたが、フレッシュさと酸味とでけっこう爽やか!
しかも辛口で、重さやしつこさを感じませんでした。
それに度数が18度とのことでしたが、アルコールの香りは気になりませんでした。

これはうまいね。
食事に合うおいしいうすにごりでした。

前の5件 | -