So-net無料ブログ作成
15.新潟県の酒 ブログトップ
前の10件 | -

【お酒】1652.かたふね 本醸造 カップ [15.新潟県の酒]

9686.JPG
合資会社竹田酒造店
新潟県上越市大潟区上小船津浜171

原材料名 米(国内産)・米こうじ(国内産米)・醸造アルコール
精米歩合 65%
アルコール分16度
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




新潟県は上越地方(南西部)に蔵を置く竹田酒造店さん。
酒銘の“かたふね”については、以下のような記述がありました。
1867年に創業。87年に現在地に蔵を移転。現在も看板銘柄となっている「かたふね」は、創業当時から醸造している酒。砂丘に点在する「潟」と蔵のある住所のもとになっている「上小舟津」(漁船の船着場)から取った「舟」に由来し、砂丘でろ過された雨水が良質の地下水となり、これを酒に使用しているというのが、名前に込められた意味だ。」(※1)


話のネタが尽きたところで、いただいてみたいと思います。
本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。
9687.JPG

お酒の色は、かすかに着いていることがわかる程度でした。
9688.JPG


うまみは濃くはないものの、しっかりしています。
米のうまみがじんわりと効いています。
酒臭さ(ほめ言葉です)は、温かいうちはわからなかったものの、冷めるにつれて出てくるみたいです。
渋みがあって、弱めではあるものの鋭いですね。
キレはよいみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは弱めですが、これにも鋭さがありますよ。
スースー感はかすかですが、ちょいピリです。

甘みはややはっきりしています。
クドさはく、べとついた感じもないものの、幅を感じます。


ちょい渋ちょいすっぱ旨やや甘口のお酒でした。
濃くはないものの、米のうまみが効いておりました。
しかし渋みが目立ち、酸味の鋭さも気になって、それらが雑味として感じてしまいました。
甘みが少しはっきりしていたところは、上越地方のお酒らしさでしょうか?

(※1)『にいがた日本酒手帖』p.106(2014.11 株式会社ニューズ・ライン)
nice!(29)  コメント(2) 

【お酒】1651.よしかわ杜氏 大辛口 カップ [15.新潟県の酒]

9677.JPG
株式会社よしかわ杜氏の郷
新潟県上越市吉川区杜氏の郷一番地

アルコール分 15度以上16度未満
精米歩合 60%
原材料名 米(新潟県産)・米麹(新潟県産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、ラベルより転記)




よしかわ杜氏の郷さんのお酒は、かつてよしかわ杜氏 天恵楽 純米酒 カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は“大辛口”なんだってさ。
9678.JPG

精米歩合60%のアル添酒でしたが、特定名称はどこにも表示されておりませんでした。
9679.JPG


特定名称なし=普通酒でしょうから、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほぼ透明でした。
9680.JPG


うまみは淡めというか、薄いね。
最初に苦みが来て、強くはないものの鋭さを感じます。
酒臭さ(ほめ言葉です)はごくかすかで、米のうまみはほとんどわからない程度です。
キレはバッチリで、透明感をはっきりと感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
スースー感ははっきりで、しかもちょいピリです。

甘みはひかえめです。
ほとんど感じませんが、不思議なことにべとつきが少しあるみたいです。


淡麗“薄”苦ちょいピリ辛口のお酒でした。
苦みが強くはないものの目立つのは、うまみをほとんど感じないくらい薄いからでしょうか。
薄味でキレがよく、透明感がバッチリでしかもスースー感がはっきりしていたことなどから推察するに、醸造アルコールの添加量が多めで、それに伴い加水量も多めで味が薄まっているのではないでしょうか。
それ故に、たとえ精米歩合が60%でも、(醸造アルコールの添加量に厳しい制限がある)特定名称酒に該当しないのではないかと、あたしゃ予想いたしましたよ。

そういえば、こういう味わいの普通酒、かつて試したことがありましたよ。
そのお酒も“激辛”って名乗っていたっけ。
nice!(29)  コメント(0) 

【お酒】1626.北雪 純米にごり酒 300ml [15.新潟県の酒]

9355.JPG9356.JPG9357.JPG
北雪酒造株式会社
新潟県佐渡市徳和2377番地2

アルコール分/15度
内容量300ml詰
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合/60%
(以上、ラベルより転記)


佐渡に蔵を置く北雪酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
北雪 金星 ホクセツカップ(普通酒)
北雪 純米酒 カップ
北雪 佐渡の鬼ころし 300ml
北雪 吟醸生貯蔵酒 カップ

今日いただくこのお酒は、純米にごり酒でした。
9358.JPG9359.JPG

滓の量は、1-2割程度と少なめでした。
9360.JPG


にごり酒ですので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色はほぼ白色で、とろみは見た目にはそれほど感じませんでした。
9361.JPG


うまみはやや濃いめでしょうか。
米のうまみがはっきりしていますが、濃厚というわけではないみたいです。
広がらず、舌の上をピンと突くようなうまみです。
苦みがあって、弱めながらに鋭さをはっきりと感じます。
滓のざらつきもちょっとだけ感じますよ。
またにごり酒にしては後味さっぱりで、キレのよさを感じます。

酸味はややひかえめでしょうか。
すっぱさは弱めですが、弱めなりに鋭さを少し感じます。
スースー感はなく、ピリピリ感もありません。

甘みはね、これはひかえめですぞ。
甘みそのものはゼロでしょう。
ただ、米由来と思わる甘い風味のようなものをかすかに感じます。


やや濃醇でちょい苦旨辛口のおいしいにごり酒でした。
どちらかというとうすにごりに近いようで、うまみは濃くは感じませんでした。
それ故にとろみがなく、また辛口でちょい苦だったことから、にごり酒にしてはめずらしくキリッと引き締まった口当たりでした。

これは食事とよく合う、おいしいにごり酒でした。
それ故に、あっちゅう間でごさいましたとさ。
9362.JPG



このにごり酒に合わせたのはこちら。

浅漬けは塩気がイマイチでしたが、しょうがの千切りがそれを補ってくれておいしくいただくことができました。
9364.JPG

ごぼうとにんじん、そして魚肉ソーセージのきんぴら。
9363.JPG

じゃこ天には、あたしゃやっぱりわさびが合うと思うよ。
9365.JPG

ごちそうさまでした。
9366.JPG
nice!(31)  コメント(2) 

【お酒】1559.北雪 吟醸生貯蔵酒 カップ [15.新潟県の酒]

8779.JPG8780.JPG
株式会社北雪酒造
新潟県佐渡市徳和2377番地2

アルコール分/15度
内容量180ml詰
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合/麹米50%・掛米55%
(以上、ラベルより転記)




今日はどうしても冷酒をいただきたかったことから、冷蔵庫で保管してあったこのお酒を選びました。
北雪酒造さんのお酒は、かつて普通酒の北雪 金星 ホクセツカップと、北雪 純米酒 カップ、そして北雪 佐渡の鬼ころし 300mlとをいただいております。

今日いただくこのお酒は、アル添吟醸酒生貯蔵酒でした。
8781.JPG8782.JPG


吟醸酒ですし生貯蔵酒ですので、もちろん冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、、、
わかるわけないか。
8783.JPG

ほとんどわからない程度でした。
8784.JPG


アル添が施されておりましたが、吟醸香はないね。
一方で生貯蔵酒のフレッシュな風味はよくわかりますが、しつこくない程度です。

うまみはやや淡めです。
米のうまみが幅はないものの、舌の上をピンと突くようです。
軽い苦みが少しあって、強くはないものの鋭さをはっきりと感じます。
アル添吟醸酒ですが、キレはそれほどでもないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さを少し感じます。
スースーはなく、ピリピリもありません。

甘みはひかえめです。
でもゼロではなくて存在はわかるものの、前には出てこないみたいです。


やや淡麗で爽快ちょい苦ちょいすっぱ旨辛口のおいしいお酒でした。
生貯蔵酒のフレッシュな風味がしつこくなくてちょうどよい感じでした。
米のうまみから推察するに、使われているお米は五百万石でしょうか?
苦みや酸味もいい感じに味を引き締めてくれているようでした。
また甘くないのに、隠れているような甘みがコクを添えてくれているように感じました。

これは食事と合うおいしい吟醸生貯蔵酒でございましたとさ。
nice!(31)  コメント(0) 

【お酒】1557.吉乃川 春ふわり 本醸造酒 [15.新潟県の酒]

8767.JPG8768.JPG
吉乃川酒造株式会社
新潟県長岡市摂田屋四丁目8番12号

品目 日本酒
内容量 180ml
原材料名 米(新潟県産)、米こうじ(新潟県産米)、醸造アルコール
精米歩合 65%
アルコール分 15度
(以上、カップの印刷事項より転記)




今日は、JR高崎駅の在来線改札内にあったNEWDAYSで見つけたこの桜柄のカップ酒を選びました。
そろそろいただいておかないと、記事として時機に後れてしまいそうでしたので。

吉乃川酒造さんのお酒は、これまでに以下のものをいただいております。
吉乃川 おけさカップ
吉乃川 越後カップ200
芳醇 吉乃川 300ml
極上吉乃川 特別純米 300ml
極上吉乃川 吟醸 300ml
吉乃川 北陸新幹線E7系カップ 純米酒
吉乃川 冷や生 300ml
吉乃川 特別純米酒 ひやおろし アルミ缶

今日いただくこのお酒は、本醸造のカップ酒でした。
8769.JPG8770.JPG

そういえば、かつて本醸造の意味について文献の記述をいくつか紹介したことがございました。
興味がおありの方は、上記リンク先の記事を適宜ご参照下さい。


本醸造ですが、冷やして販売されておりましたので、まずは冷蔵庫でひやしたものをいただきます。

お酒の色は、かすかに茶色がかっているようでした。
8771.JPG

花柄の盃に移してみちゃったりなんかしちゃったりして。
でもこれって桜じゃなくて、きっと梅だよな。
8772.JPG


香りはないですね。

うまみは淡めですが、淡めなりにしっかりしています。
米のうまみが少し広がった後で、舌の上にピンと乗っかってきます。
軽い苦みがわずかにあって、わずかながらに鋭さを少し感じます。
キレはよいですが、アル添酒にありがちな透明感は感じません。

酸味はややはっきりでしょうか。
すっぱさはかなり弱めですが、弱めなりにこれも鋭さを少し感じますよ。
スースー感はなく、ピリピリ感もございません。

甘みはややはっきりでしょう。
前には出てこないものの、じんわりとしていて幅のある甘みを少し感じます。


淡麗旨やや甘口のおいしいお酒でした。
淡めですが、米のうまみを感じますよ。
この舌の上にピンと乗っかってくるようなうまみは、もしかしたら五百万石のものでしょうか?
苦みや酸味はあるものの、味を引き締めるにちょうどよいように感じました。
甘みもしつこくなくていい感じでした。

これ、うまいね。
軽く冷やしたものを、桜の木の下で出し巻玉子なんかをつまみにしていただけば、きっと‟春爛漫ここに極まれり”といった感じになれることでしょうよ。


ここで、あらかじめ取り分けておいたものをぬる燗にしてみましたよ。
8773.JPG

ああ、酸味が少しはっきりしてきましたよ。
でも鋭さはそれほど際立ってはこないみたいです。
むしろいい感じにキリッと引き締まってまいりましたね。

刺身をいただく際には、燗のほうが合うかもしれません。
でも私は、このお酒に関しては冷やしていただいたほうがおいしくいただけると思いました。



★☆★ 予告 ☆★☆


ひとつ前の記事で宣言したとおり、先週末には出かけておりました。

豪快に咲く山桜を、バスの車窓から眺めたり、
8762.JPG

廃駅跡を整備したモニュメントを見学したり、
8763.JPG

ブリってのは、脂が乗らない時期でもおいしいことを体感したり、
8764.JPG

常圧蒸留で製造されたとてもおいしい麦焼酎をいただいたり、
8766.JPG

そして、コエカタマリンを服用した痕跡と思われるものを発見したりしておりました。
8765.JPG

その顛末は、今週末に報告させていただく予定です。
nice!(30)  コメント(2) 

【お酒】1548.越乃景虎 本醸造 なまざけ 200ml [15.新潟県の酒]

8091.JPG8092.JPG
諸橋酒造株式会社
新潟県長岡市北荷頃408

要冷蔵
アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合65%
200ml詰
(以上、缶の印刷事項より転記)




諸橋酒造さんのお酒は、かなり前に普通酒の越乃景虎 龍 カップをいただいております。
今日いただくこのお酒は、本醸造生酒でした。


ふねから流れ出たそのままのお酒が缶詰されます。」と書かれておりますね。
8093.JPG

要するに、いわゆる‟しぼりたて”、すなわち槽(ふね)で搾ったあと、貯蔵による熟成の行程を経ることなくそのまま缶詰されているということでしょうね。
ということは、生酒のフレッシュな風味を味わうことができるのでしょうか?

でも、どうやらこの個体は、製造年月(「当該清酒を販売する目的をもって容器に充てんし密封した時期」(※1))から1年、そして蔵出年月(出荷された月か?)から5か月を経過しておりました。
これではいくらしぼりたてでも、缶の中で熟成されてしまっているのでしょうか?
8094.JPG

それでも能書きには「詰めたのち時が経つにつれ四季おりおりの味と香りがお試し頂けると思います。」とありましたから、きっとおいしくいただけるのでしょう。
8095.JPG


冷やして飲めと書かれておりましたので、冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
8090.JPG


フレッシュな風味はあるものの、かなり弱めです。
それに、上等な接着剤のような風味をかすかに感じます。
上等な接着剤ってどんなのだよ!

うまみは淡めです。
米のうまみをふんわりと感じる程度です。
苦みや雑味はなく、熟成感も感じません。
キレはよくてスッと引きますが、透明感はないみたいです。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさが少し強めで、鋭さを感じます。
アル添酒ですがスースーはなく、刺激やピリピリ感も感じません。

甘みはひかえめです。
というか、ほとんど感じないくらいです。


淡麗スッキリちょいすっぱ辛口のおいしいお酒でした。
辛口で淡めですが、それでいて米のうまみをふんわりと感じることができることから、薄っぺらさはありません。
これはいわゆるひとつの“新潟淡麗”の本流を行くお酒でしょう。

それにしても、缶に詰められてから1年を経過していたにもかかわらず、熟成感はなく、劣化もまったく感じませんでした。
そういえば、かつて生酒の劣化を防止するために瓶へ窒素ガスや炭酸ガスを充てんする方法があることを紹介したことがございましたが、もしかしたらこのお酒にも同様の対策が施されていたのでしょうか?


(※1)清酒の製法品質表示基準(平成元年国税庁告示第8号)3(2)
nice!(40)  コメント(4) 

【お酒】1461.吉乃川 特別純米酒 ひやおろし アルミ缶 [15.新潟県の酒]

7375.JPG
吉乃川酒造株式会社
新潟県長岡市摂田屋4丁目8番12号

新潟県産米五百万石100%使用
内容量 180ml
原材料名 米(新潟県産)・米こうじ(新潟県産米)
精米歩合 60%
アルコール分 15度
(以上、ラベルより転記)




こちら久々の吉乃川酒造さんのお酒。
これまでに以下のものをいただいております。
吉乃川 おけさカップ
吉乃川 越後カップ200
芳醇 吉乃川 300ml
極上吉乃川 特別純米 300ml
極上吉乃川 吟醸 300ml
吉乃川 北陸新幹線E7系カップ 純米酒
吉乃川 冷や生 300ml

今日いただくこのお酒は、新潟県が誇る酒米“五百万石”を100%使用した、ひやおろしの特別純米酒でした。
7376.JPG
7377.JPG

以前に触れたことがありましたが、ひやおろしはやはり基本的には生詰なのですね。
7378.JPG
7379.JPG


特別純米酒ですが、蔵元さんのWebsiteでは「おすすめの飲みごろ温度は室温・ぬる燗。」と紹介されておりましたので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、ほとんどわからない程度でした。
7380.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)香りがフワッと漂ってまいりましたよ。

これは最初に酸味が来ますね。
すっぱさはそれほど強くはないものの、鋭さがちょっとだけありますね。
ですがこの酸味には、深みがありますよ!
ピリピリ感は、あたたかいうちはありませんでしたが、冷めるにつれて少し出てくるみたいです。

うまみは濃くはないものの、よくわかります。
米のうまみをじんわりと感じて、香ばしさもちょっとだけあるみたいです。
苦みや雑味はなく、純米ですがキレがよいですね。

甘みは、ややはっきりかな。
でもべとついた感じはまったくなく、さらっとした甘みを穏やかに感じる程度です。
ただ、冷めるについて引いていくみたいです。


深くて旨口なのにスッとキレる、おいしいお酒でした。
これは酸味の深みを味わうお酒でしょうよ。
それでいてしつこさや雑味がまったくなく、しかもキレがよいので、飲みやすさを感じました。
冷めてくると酸味に鋭さがでて甘みが引いたことから、あたたかいうちにさっさといただいたほうがよいのではないでしょうか。
nice!(31)  コメント(3) 

【お酒】1352.家元屋 オリジナルカップ 2018 戌 [15.新潟県の酒]

6424.JPG6425.JPG
株式会社武蔵野酒造
新潟県上越市西城町四丁目7番46号

アルコール分15.0度以上16.0度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
180ml詰
(以上、フタより転記)




このカップ酒は、豊川稲荷東京別院(東京都港区元赤坂一丁目)の境内で売店兼食堂を営んでいらっしゃる“家元屋”さんで入手したものです。
なんでも、家元屋さんのオリジナル商品なのだとか。
入手した際の様子はこちら。

桜模様のフィルムで包んで販売されておりました。
6426.JPG6427.JPG

そのフィルムをはがしてフタを確認すると、かつていただいたことのあるスキー正宗でした。
6429.JPG

たしかに覚えがありますよ!
この桜柄のカップには。
それに、ちょいピリの味わいだったことにもね。
6428.JPG


普通酒ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、少し茶色がかってはおりましたが、透明感がありました。
6430.JPG


燗をつけると、酒臭い(←ほめ言葉です)かおりがちょっとだけ立ってきましたよ。

うまみはやや淡めです。
かもし出された酒臭い(←あくまでもほめ言葉です)が淡めなりにしっかりしています。
苦みもあって、かなり弱めではあるものの鋭さを感じます。
キレはよいですね。

酸味はややひかえめです。
すっぱさはほとんどなく、さわやかさは少しだけです。
でもこのお酒、少しピリッときますね。

甘みはややはっきりしています。
かなりさらっとした甘みですが、幅を感じます。


淡めではあるもののしっかりしていて甘みがコクを添える、やや淡麗でちょいピリ旨やや甘口のおいしいお酒でした。
淡めではあるものの酒臭さ(←くどいようですが、ほめ言葉です)が効いていることから、うまみに厚みを感じて飲み応えがありますね。
それに甘みがコクを添えるものの、べとついた感じやしつこさはありません。
苦みやちょいピリもいい具合に効いているのではないでしょうか。

けっして飲みやすくはないものの、淡めながらもしっかりしていておいしいお酒だと思いまっせ。
nice!(38)  コメント(6) 

【お酒】1350.吉池 オリジナルカップ(本醸造 越の白鳥) [15.新潟県の酒]

6415.JPG
製造者
新潟第一酒造株式会社
新潟県上越市浦川原区横川660

原材料名/
米(国産)
米麹(国産米)
醸造アルコール
精米歩合 70%
アルコール分 15度
内容量 180ml
(以上、ラベルより転記)




山手線(正しくは東北本線か?)の御徒町駅前にある百貨店“吉池”さん。
新潟酒の取り揃えが豊富で、このブログで紹介させていただいた新潟のお酒にもここ入手したものがいくつかありました。

今日いただくこのお酒は、どうやら吉池さんが企画なさったオリジナルカップのようです。
造っているのは、新潟第一酒造という蔵元さんでした。
6416.JPG


本醸造ですので、今日もぬる燗でいただきます。

お酒の色は、かすかに黄色がかっていて、透き通った感じがいたしました。
6417.JPG


うまみは淡めというか、薄めですね。
最初に苦みを感じて、強くはないものの鋭さを少し感じます。
うまみ自体はかなり弱めで、やわらかさをかすかに感じる程度です。
キレはよく、透明感をはっきりと感じます。

酸味はひかえめです。
すっぱさはほとんど感じません。
アルコール由来と思われるさわやかさを少しはっきりと感じます。
刺激やピリピリ感はありません。

甘みはややはっきりでしょうか。
とろみのような舌触りはないものの、少しべとついた感じがします。


淡麗ちょい苦やや甘口のお酒でした。
苦みはそれほど強くはないものの、目立っておりました。
これもうまみがかなり淡いというか、薄く感じるせいかもしれません。
本醸造の表示はありましたが、私には醸造アルコールの添加量が多めであるかのように感じました。
もしかしたら常温か、あるいは冷やしたほうが、苦みが目立つことなくて、口当たりよくいただけたのかもしれません。
nice!(40)  コメント(2) 

【お酒】1285.菊水の純米酒 生詰 300ml [15.新潟県の酒]

5635.JPG5636.JPG5637.JPG
菊水酒造株式会社
新潟県新発田市島潟750

原材料名 米・米こうじ
精米歩合70%
アルコール分15度
新潟県産米100%使用
300ml
(以上、ラベルより転記)




菊水酒造さんのお酒は、かつてこのブログの草創期に菊水の辛口 本醸造 300mlをいただいております。

この“菊水の純米酒”はけっこう頻繁に見かけることから、ネタが切れた際の保険として考えていて、これまで積極的に入手しようとはいたしおりませんでした。
しかし先日、ワイズマートの酒コーナーを物色していた際にこのお酒を見かけて、“生詰”の文字に惹かれて買ってしまいました。
5638.JPG
生詰ということは、もしかしたらこの季節だけのひやおろしなのかもしれないと思ったのです。

しかし、蔵元さんのWebsiteによれば、「従来から行なってきた製造方法である「生詰」を表ラベルに表記」しただけであって、「従来通りの製法でございます。つきましては、従来品との風味の変更はございません。商品の保管につきましては、要冷蔵の対象ではございません。」と紹介されておりました。

なーんだ!
要するに以前から生詰で、それを表示していなかったけれど、リニューアルを機に表示することにしたわけですね。

そういえば、かつて“生詰は要冷蔵の表示が必要か否か”ということについて、読者の方からのご指摘を受けて判断の誤りを改めたことがありました。
あたしゃ仕事以外では一人で行動し一人で判断し一人で酔っ払っておりますが、こういう誤りは一人では決して気づかなかったことですから、ご指摘はありがたいかぎりです。
読者の皆様におかれましては、もしこのブログに掲載されている記述に誤りを発見なさった場合には、どうかその旨をご指摘をいただきたく存じます。
ただその際、こちらの再考の手がかりとして理由を併記していただくとよりいっそうありがたいところでございます。



表示を見る限り、ロック以外であればどんな飲み方でもよさそうですね。
5639.JPG

冷やして販売されておりましたので、まずは冷蔵庫で冷やしたものをいただきます。
5640.JPG


香りがかすかにありますね。
華やかではなく、むしろナッツ(くるみかな?)のような風味を感じます。

うまみはやや濃いめです。
米のうまみがしっかりしているものの、広がらずに舌を突く感じがします。
それに苦味が少しあって、その苦味に角を感じます。

酸味はややはっきりしています。
すっぱさは強くはないものの、鋭さを少し感じます。
それに、ちょっとピリッと感じます。

甘みははっきりしています。
さらっとしてはいるものの、甘みに厚みがありますね。


やや濃醇でちょい苦ちょいすっぱ甘口のお酒でした。
けっこう甘めですね。
それに苦味と酸味とが気になりました。



ここで、燗にしてみましたよ。
5641.JPG

香りが立ってきました。
やっぱりくるみっぽいね。

それに酸味がはっきりしてきて、かなりすっぱいね。
酒臭さがあるとバランスがよいのかもしれませんが、こりゃ酸味だけが際立ってしまっていますよ。

またこの甘みは、燗にするとさらに厚くなるようです。
というか、焼酎に馴れ始めた私にはちょっとくどいかも。


冷酒にせよ燗にせよ、残念ながら私の好みの味わいではありませんでした。
nice!(34)  コメント(2) 
前の10件 | - 15.新潟県の酒 ブログトップ